メモログ

MONA、下降トレンド監視。移動平均線。買い時探し。

wakka777
2020/09/13 17:33


現在200円から140円付近まで値を下げているモナコインですが、

次の買い時の考え方としての記事を書きたいと思います。

今現在のモナコインのチャートです

時間足は4時間足を使っています。

インジケータは「MA:移動平均線」です

MA50、MA100、MA200

ビットバンクでインジケータを選んでみましょう。MA:移動平均線を3回選びます。

左上のMAの欄の歯車で移動平均線の設定ができます。

インプットを

3本の移動平均線それぞれ1本ずつ、50、100、200に設定してください。

そうすると最初の画像のように3本の線が綺麗に表示されます。

 

数字の計算は設定50であれば、50本のローソクの平均の動き。

と考えてください。

もっと勉強したい方はググって調べてみましょう。

 

さて、この3本の移動平均線ですが、

おおよそのトレンド転換が解ります。

 

下降トレンドから上昇トレンドへ変わる兆しですね。

例を挙げるとこのような感じです。

4時間足のMA50,100,200を全部超えた時、損切り設定を守り、エントリー。

比較的リスク少なく取引できます。

 

途中で余計な手出しが少なくなるためです。

4時間足の黄色枠の範囲は罠に陥りやすいです。

いわゆるレンジですね。

 

こういう時は、気長に待って上昇トレンドなのか、下降トレンド続行なのかを毎日チェックするといいでしょう。

 

レンジは必ず先が細くなっていきます。

売買が極端に少なくなるということですね。

そしてある日、突然大きな取引があると、一気に動くわけです。

その後についていけばいい。

 

レンジだと気がついたら、トレードはお休みです。

上の画像は4時間足ですので、ホントに長期間レンジです

短期トレードしかできません。

 

そして短期トレードもあまり利益が出ない幅になるでしょう。

その期間から注意して見ていればいいというわけです。

 

絶対ではないので注意しましょう。

  • 104
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

wakka777さんのおすすめメモログ!


スポンサーリンク
PR
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。