メモログ

思春期のロックスター

タグ:  小説 音楽 jpop タバコ 

コンビニで待つ

新しくタバコを買って封を開ける

新鮮なタバコの断面

一本一本がキチンと整列している

一本目を引き抜いてライターで火をつける

これでとりあえずは準備万端という感じだ

後は友達が来るのを待つばかり

今は夜の八時頃でもう空は暗くなっていて人工的な明かりが行き交う

コンビニの中は煌々と照らされていて立ち読みしている人の顔がはっきりとわかる

近くに駅があってそこから流れてくる人がポツポツとある

タバコを吸い終わると灰皿に吸い殻を捨てる

しばらくその中を見つめて色んな銘柄のタバコが捨てられているのがわかる

茶色くなった水の中でその残骸が

その後は原付に座って友達が来るのを待つしかなくなる

ハアとタメ息をつく

いつも通りこっちが待つ側であっちが遅れてやってくる側だ

わかっていてもこっちが早く着いてしまう

僕は時間通りに来ているだけだけど

あっちを待たせたことはたぶん一回もない

それは昔からそうだったと思う

中学の頃合唱の練習で体育館に集まるときがあった

その時は僕も遅れていたのだけれどそいつは遅れた方がなんかカッコイイと言っていた

その感じはなんとなく分かる

ヒーローは遅れてやってくるのが常だ

体育館に入って他の生徒の視線が集まった時に僕は喜んだんだろうか

思い出すと情けない感じ

自意識過剰

思春期が厄介だった頃

それは若さ故の過ちということで許してほしい

今はタバコの煙

斜め上を見上げる

時間の経過を星の光で確認するみたいに

流れ星が流れる

願いは?

この状況の打破

ロックスターのように

タバコの煙が目に染みて顔をしかめるポーズ

観客が熱狂する

マジな表情に

それを真に受けるヤツら

そのくだらなさをあげつらうことができる僕はまだ思春期を引きずっている

  • 公開日時:2018/02/13 22:12
  • 21 view
  • +0 MONA

スポンサーリンク

コメント


※ログインすることで、投げMONAも送信可能になります。 → Login

コメントはまだありません

詩を書いています。 『裏の読み合いの果てにどこにもたどり着けない若者たち...
その他の記事一覧 アドレス帳に追加する
PR