メモログ

大切なMonacoinを守るために。

rawbacon
2017/10/14 01:51


MONAの価格が上昇したことで新たな方々が入ってきて、どんなコンテンツが出てくるか楽しみなずがーんです。

しかし値段の高騰は、招かれざる者も引き寄せます。
つい先日、wallet.dat、つまりウォレットそのものを盗み出すウィルスが撒かれる事件が起きました。

暗号通貨は簡単に取引ができ、そしてその性質上決して取引をなかったことにすることはできません
盗まれてしまえば終わりです。
そして、それは他の暗号通貨でもいままでたくさん起こってきたことでもあります。

まずは、自らの暗号通貨を守る方法を覚えましょう。

⓪そもそも

怪しいサイトから怪しいプログラムをダウンロードしないようにしましょう。
可能であれば普段使うPCと暗号通貨を保管するPCは分けるのが無難です。
Slackなどで「あなたのウォレットが危険だからここに送信して!」みたいなものが来ても全部詐欺です。多分。

①取引所に全額預ける場合

前提として、取引所はあなたの財布ではありません。
しかし、実際問題として預けている方は多いと思います。

取引所でリスクになるのはIDとパスワードの流出です。基本ですが以下のことに気を付けましょう。
・他のサイトと同じものを使いまわさない。
・偽サイトに気を付ける(最近のはめちゃくちゃ巧妙です。検索の広告欄にあるため一番上に出てきます。サイトの確認は十分に。)

また、もしID,パスワードが流出してしまっても二段階認証をしていれば防げることがあります。
二段階認証に関してはそれぞれの取引所で違うので適宜確認してください。

いまだに「GOXする」と呼ばれるように取引所には閉鎖などのリスクがあります。
取引するとして使いましょう。

②自分のPCに保管する場合(Monacoin Core(monacoin-qt)使用)

Electrum-Monaよりはまだこちらの方が多いでしょう。
先日のウィルスもこれを狙っていました。

まず、Monacoin Coreの心臓は「wallet.dat」です。
これをコピーして保存しておくことでバックアップして復元できますが、あなたができるということは他の人にもできるということです。
これを盗まれるとウォレットを乗っ取られます。

対策は
・奇麗なサブPCに入れて通常時はネットから切断(wallet.datへのアクセスを防ぐ)
・バックアップは適当な名前のzipにでもしてパスワードをかける(検索避けを兼ねて)

しかし何らかの形で流出してしまったとき、こちらにもセーフティネットを設定することができます。

Monacoin Core(monacoin-qt)の暗号化です。

設定→ウォレットの暗号化をしましょう。
「あなたのウォレットの秘密鍵を暗号化します」の意味はひとまずおいておきます。
数万円以上のMONAを持つなら「公開鍵」「秘密鍵」についてググってみてください。

結論だけ言えばここで設定したパスフレーズを送金ごとに要求されるようになります。
まとめて流出しなければ、役に立ってくれるでしょう。

 

さわりだけ紹介しましたが、是非自分でも調べてみてください。

大事なのは自分の資産を守るという意識です。
楽しいMONAライフを。
 

  • 1909
  • 0.00114114

この投稿に最初のコメントをしましょう!

rawbaconさんのおすすめメモログ!


スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。