Electrum-monaを導入してみるよ


最近MONA界を賑わせているElectrum-mona。
やってみたいけどよく分からないって人もいると思うのでレポしてみます。
自分もあんまり詳しくないから間違ってたら教えてください。
 

Electrum-monaのここがすごい

・ブロックチェーンをダウンロードする必要がない。
→公式Monacoin-Qtなんかを使う際のあのダウンロードから解放されます!

・複数の財布が使える。
→新規walletの作成でサービス運営用の資金と普段使いの財布を分けたりなどに。

・他にも色々あります

 

取り敢えずお財布として使えるとこまでこの記事ではやってみることにします。

脇山Pを拝みながら以下のページにアクセス。
https://github.com/wakiyamap/electrum-mona

(追記: 公式HPが出来てました! http://electrum-mona.org/

releaseの方からダウンロードしましょう。
筆者は右下のdownloadに騙されて時間を無駄にしたのでこの記事を書いています。

すると以下のように一覧が出てくるので好きなものをダウンロード。
私はポータブル版を選びました。

このとてもveryめっちゃばりとても素晴らしいアイコンをダブルクリック。

以下いくつか聞かれます。

(トランザクションなどのデータを照会するサーバーにこだわりある?→上のAuto connectでOK)

(walletの名前を決めてね!→好きな名前を入力。ここで別の名前を後から作ることで複数の財布を使い分けられる)

(ウォレットの種類を選んでね!→一番上のStandard walletでOK)

(他のウォレットのデータをロードする?→ウォレットを作るので一番上のCreate a new seedを選択)

ここまで進むと、下の画像のようにseedと呼ばれる単語の羅列が表示されます。
このseedはウォレットの全てといっても過言ではないくらい重要なものなので、大切にメモして決して人に知らせないようにしましょう。
次のページで再入力させられるのでメモのミスがないかそこで確認できます。

ウォレットにパスワードを設定します。
Encrypt wallet file にチェックでウォレットファイルが暗号化されます。しておきましょう。

ここまで終わったら遂にelectrum-monaが起動します!
(追記 : ElectrumXと書いていましたが、ElectrumXはサーバー側だそうです。ご指摘いただいた脇山Pありがとうございます!)

が、一旦日本語化だけ済ませて再起動しましょう。
「Tools」「Appearance」「Language」の順に選んで「Japanese」です。

再起動すると日本語化されているはずです。
受信アドレスの発行は「請求」タブ、送金は「送信」タブからできます。

実際にやってみるとメモさえあれば本当にすぐに導入できます。

Monacoin Coreと違ってブロックチェーンのダウンロードがないので簡単に使えますし、タブレットやRaspberry Piのような容量の苦しいデバイスにも入ります。

使い道は無限大ですね!

 

脇山珠美ちゃんかわいい!

  • 公開日時:2017/08/27 20:45
  • 455 view
  • +206.54147514 MONA
  • テーマ:wallet

スポンサーリンク

コメント


※ログインすることで、投げMONAも送信可能になります。 → Login

@rawbacon

>>脇山P
ありがとうございます!修正しました!
脇山珠美ちゃんかわいい!

08/28 12:39:18

@WakiyamaP

ここまで終わったら遂にElectrumXが起動します! -> ここまで終わったら遂にElectrum-monaが起動します!
ElectrumXはサーバ側なんだ!

記事ありがとうございます!脇山珠美ちゃんかわいい!

08/28 02:19:49

@rkgk_ac

とてもわかりやすいです!脇山珠美ちゃんかわいい!

08/27 22:58:54