メモログ

プレマインのあるコインと数字のトリック


この記事はPoW+PoSの通貨で、
かつプレマインのある通貨について
考える記事である。


コインについて考える前に、
まずプレマインとPoSについて軽く触れておく。

プレマイン:開発者(チーム)が最初からコインの総発行枚数の一部を保有すること
PoS:Proof of Stakeの略で、コインを持っている人がブロックを生成し、生成者が報酬を受けとるコンセンサスアルゴリズム。

 

さて、次のようなコインについて考えてみる。

 

総発行枚数:2000万枚
プレマイン:5%


開発者は最初から100万枚を持った状態でスタートするということがわかる。
PoWコインならこれでおしまい。実際に開発者が持っているコインは本当に5%だ。
これ以上開発者がコインを持つには取引か採掘する必要がある。




 

しかし、PoW+PoSコインはそうはいかない。

数字のトリックがあるからだ。

 
 

というわけで先程のコインに、
さらに次のような仕様があった時を考える。

 

コンセンサスアルゴリズム:PoW+PoS
総PoW生成枚数:100万
PoW期間:2年
PoS利率:年100%



さて、これを見て、開発者はどのくらいコインを保有していると考えるか?
PoWによる生成は2年で終わる。しかし、
2年経過後にPoSで開発者が増やしている枚数は・・・?
2年たてば、2倍の2倍で4倍になるので・・・
全部使っていなかったとして400万枚
半分使っていたとしても200万枚を持っていることになる。



ではPoWで生成されるコインは?
2年で100万枚生成。また、2年後にはPoWで生成されたコインは
生成されてから平均で1年経過している。
PoWで生成されたコインが全てPoSで増えたとして、100万枚の倍の200万枚



開発者が総発行枚数の半分使って200万枚を持っていたとすると、
保有比率は
他のユーザー:開発者=200万:200万=1:1
つまり開発者が半分も持っていることになる!
しかもここから先はPoSでしか増えないことを考えると、
ここから開発者が手放さない限り
そのままの比率のまま増えていくことになり、
最終的には2000万枚中1000万枚は開発者が保有することになる。

 

そうなると実際の開発者の保有率5%ではなく50%になるだろう。

 

PoSとプレマインが合わさるとこんなにも凶悪なことになる。
くれぐれも気をつけて通貨を選ぼう。

  • 公開日時:2018/06/12 00:01
  • 185 view
  • +0.63936914 MONA

スポンサーリンク

コメント


※ログインすることで、投げMONAも送信可能になります。 → Login

コメントはまだありません