メモログ

国産暗号通貨「Ringo」のウォレットをMacで動かしてみた

momo_and_banana
2018/01/14 02:07


国産暗号通貨の1つ「Ringo」のMac版ウォレットがリリースされていたようなので、うちのMacさんで動かしてみました( ´ ▽ ` )ノ

公式サイトのイメージ


1.Walletをダウンロードします。

公式ページ(http://dkwzjw.github.io/ringo/)の中に"Download Wallet"ボタンがあるので、それをおしてダウンロードページに行きます。

ボタンを押した先は、GitHubっていうサイトですね。フリーソフトやオープソースソフトが置いてある有名なサイトですね。ちゃんと正しいサイトになっているか、ブラウザのアドレスアドレスバーを確認してくださいね!

こう↓なっているはずです。

上の写真にある「ringo-1.0.4.2-osx.zip」をクリックしてダウンロードしてください。

ダウンロードが終われば、上のようなコインのアイコンがあると思います。ダブルクリックして起動しましょう。

もし、上のようなエラーがでたときは、OKを押してから、もう一度起動してみてください。(わたしはこれで起動できました。)

はい!起動できました! ここで、すぐに終了させてください! 次の手順に進みます!


2.bootstrapファイルをダウンロード&解凍します。

公式ページ右下に「Download bootstrap」というボタンがあるので、そこからbootstrapファイルをダウンロードしてください。ダウンロードしたら7zファイルを解凍してください。

3.bootstrapファイルを配置します。

~/Library/Application Support/Ringo ディレクトリに、先ほど解凍した bootstrap.dat をコピーします。

簡単にコピーするには、ターミナルを開いて、「cd Library/Application\ Support/Ringo/」と入力してEnter。続いて「open .」と入力してEnter。これでRingoフォルダがFinderで開きます。ここに、先ほど解凍した bootstrap.dat をコピーします。


3.Walletを起動します。

Ringo-QTをダブルクリックして起動します。

「トラップなブロックチェインのファイルを読み込ん」と表示されています。欠けちゃっていますけど「ブートストラップなブロックチェインのファイルを読み込んでいます」と表示されているのだと思います。つまり、先ほど配置したbootstrap.datを読み込んでくれているんですね。

ブートストラップファイルが読み込み終わり、チェーンとの同期が完了すれば、完全に起動したことになり、ウォレットとして使えるようになるはずです。

まだ、うちのMacさんはこの画面のままです。数日かかるようなので、待ちましょう。

  • 473
  • 0

@momo_and_banana
2018/01/16 22:07:11

どなたか$ringoいただけないでしょうか( ´ ▽ ` )ノ
RXF2tWChPCL6anSc7jjCT2dZon2WCJhWLT

@momo_and_banana
2018/01/15 22:00:30

今日、りんごウォレットがチェーン同期できました( ´ ▽ ` )ノ
ご報告まで。
https://twitter.com/momoandbanana22/status/952885392868438016


momo_and_bananaさんのおすすめメモログ!


スポンサーリンク
PR

@momo_and_banana
2018/01/16 22:07:11

どなたか$ringoいただけないでしょうか( ´ ▽ ` )ノ
RXF2tWChPCL6anSc7jjCT2dZon2WCJhWLT

@momo_and_banana
2018/01/15 22:00:30

今日、りんごウォレットがチェーン同期できました( ´ ▽ ` )ノ
ご報告まで。
https://twitter.com/momoandbanana22/status/952885392868438016

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。