メモログ

モノが作れないということ

タグ: 雑記 

自戒も兼ねて書く。

--

絵を描きたい、曲を作りたいなどと思い、パソコンに向かうも何も作れない…ということはあるだろう。

何時間かけても握りつぶした白紙の山、まっさらな原稿、何も立ち上がっていないDAW画面。

作りたい、作らなきゃ。

しかし、時間だけが過ぎていく。心にあるのは焦りばかり。



だが、そこで一つ考えてほしい。

「作る」という手段が目的になってしまってはいないか?

そこから先があるのか、ということ。

何のために「作る」か。

イラスト描くのが趣味です。作曲が趣味です。物書きが趣味です。

大いに結構。

だが、何も生まれてこない。

それは何故かということを考えないといけない。

何かするには動機が必要ということを忘れてはいけない。

感動した! これが一番大事。ジーンと来た程度ではなくて、心を動かされたこと全般。

それがなければまず進まない。

技術不足? あぁ、そりゃあるだろう。練習すればいいだけの話。

羽生結弦もいきなり回れたわけじゃないし、イチローだっていきなり打てたわけじゃないだろうしね。練習量半端ないだろう。

だが、技術があっても作れないは存在する。

動機がないということ。仕事で作るなら動機もクソもないだろうけど(´・ω・`)

いやあるか。金だわな。

そう、動機が必要。

--

自分は白紙に向かっても何かを描くことができる。

つまるところ、無意識に動機ができてるわけだ。

やれおっぱいだお尻だぴっちりだと、とにかくリビドーに従って何も考えずに描くことができる。

一方作曲にあるのかどうか、ちょっとあやしい。

理論書を買いあさり、プラグインもガッツリ揃えた。が、作れない。

以前買った「作曲本」にはこうある。

感動、アイデア、技法。

感動とは心の高まりです。
アイデアとは感動をどう形にするか明確にするビジョンのことです。
技法とは実際の作曲テクニックのことです。

技法は知識と経験と感性の三位一体で考えましょう。

『感動とアイデアと技法』の3点セットというメロディー作りの重要なヒントや、
『知識と経験と感性』の三位一体という技法の要素など大切なポイントを覚えておいてください。

作曲本 - https://www.amazon.co.jp/dp/4401619390

なるほど。絵は20年以上描いていてテキトーにやっても描ける。曲が作れないのは感動が足りないからか。

つまり動機が明確でないわけだ。手段が目的になっちゃってるわけか。

こりゃーいくらパソコンに向かっても作れんわな(´・ω・`)

もうちょい感動することを覚えよう。

以前、不思議な経験をしたことがあるし。

曲が作れるようになってきたら絵も上手くなった、というね。

プロじゃないんだから焦る必要はないな。

…絵は外注とかやったりするから焦る必要あったりするけどw

そんなクソ曲はこちらです(´・ω・`)! やっほぅ!




あ、マインクラフトのmodも作ってます。
https://minecraft.curseforge.com/projects/iyamatos-mob-mod

がんばりましょー
  • 公開日時:2018/04/24 17:54
  • 76 view

スポンサーリンク

コメント


※ログインすることで、投げMONAも送信可能になります。 → Login

コメントはまだありません

マインクラフトmodder、(えろい)絵描き、デザイナー 動画とか作曲も...
その他の記事一覧 アドレス帳に追加する
PR