メモログ

プチ小説「隣人からの卒業」

bonkoturyu
2021/07/21 14:03

登録されているタグはありません

今日はようやく来た、中学校の卒業式。

卒業証書の授与も終わり、教室で教師を待っているところ。

 

普段騒がしい教室も、雑談はするが比較的静かだ。

仲のいい女子同士は黒板に絵を描いたり、涙を流したりしている。

 

俺は、そういう思いは無いが、この先の生活への興味は強かった。

ようやく親からも、コイツラからも、離れて暮らせるからだ。

仕事は、まだ見つかってないから、問題はそこ。

 

「同窓会開こうね」

「また会おうね」

「手紙書くね」

「また遊ぼうね」

「おとなになったら飲み会したいね」

 

と言ってる人たちが居る。

本当だったら、俺もその中のひとりだったろう。

今の俺は、絶対にコイツラに二度と関わりたくない。

 

教師からのホームルームの説明も終わった。

家に帰ったら引っ越しの準備を始めようか。

新しく住む場所は、隣の県の比較的都会なところ。

引っ越すことは親と教師しか知らない。

高校受験して合格したのもあるので、言うしかなかったとも言える。

教師が他の生徒に言うことはあるかもしれないので、

住所に関しては親しか知らない。

 

早く、おとなになって、一人になりたい。

一人になったあとはまだ考えてない。

 

高校入ってからは、知り合いも居ない状態からのスタート。

前の付き合いからは卒業する。でも、これでいいんだ。俺が選んだんだから。

 

帰りの電車に乗りながら、次の『世界』にワクワクした。

  • 32
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

bonkoturyuさんのおすすめメモログ!

普段はエンジニア。ゲーム、絵、小説やらを趣味で作ったりしてる人です。
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。