モナコーヒーを自分で焙煎したいならポップコーンメーカーでおk


 

モナコーヒーを出品してますbardです。最近生豆の販売も始めました。

今回は皆様を魅惑のコーヒー沼に引きずり込むべく、

自宅で手軽に生豆を焙煎する方法をお教えします。

手網で直火式焙煎するのも乙なものですが(かくいう私も最初は手網から自家焙煎を始めた口)、

もっと短時間で楽に焙煎したい人向けにおすすめなのが…

 

 

 

 

ポップコーンメーカー焙煎です。

初期投資はわずか2000円足らず。シティ(中深煎り)~フルシティ(深煎り)ならばそれなりの味で焙煎できます。

しかもパナソニックの10万円ほどする家庭用焙煎機「The Roast」や某珈琲問屋の焙煎機「ジェットロースト」と同じ熱風式

この機種の型番は、株式会社ピーナッツクラブのD-STYLISTシリーズ『ラクラクポップコーンメーカー KK-00223』です。

他にもKK-00285やKK-00167D等ありますが、流通ルートで品番を変えてるだけでどれも仕様は全く同じものです。

(私が買った商品の箱には00223とあるのに保証書には00285と記載されてたw)

 

 

 

 

こちら、サーモスタット機能が付いているので二百数十度いくと勝手に一旦休止状態になります。

で、そのまま放置して温度が下がると再び勝手にスタート。

1回目の休止まででハイロースト、2回目でシティロースト、3回目でフルシティローストといったところ(豆にもよります)。

煎りムラ防止のため菜箸等でかき混ぜながらにはなりますが、手網焙煎と違って基本はオートマチック。

ものの3分程度でハイロースト(中煎り)まで焼けます。

※放っておいても熱風の対流で勝手にくるくる回りますが、煎りムラ防止のため混ぜるの推奨(ただし菜箸こげるので注意)。

 

 

 

 

↑エチオピアイルガチェフェG2を焼いてみた。ハイローストくらい(1回目の自動休止で焙煎終了)。

どんなにかき混ぜながらやっても浅~中煎りはどうしても多少煎りムラが生じます。

肝心の味はというと、浅~中煎りは苦手なようであまりうまく焼けませんが、中深~深煎りはそこそこいけます。

「The Roast」同様50~60g程度の生豆を焼けるので飲みたい時に焙煎が可能。

これで好きな豆を自分で仕入れて楽しめますね。

 

では、実際の焙煎の様子をご覧ください↓【音量注意】

https://www.youtube.com/watch?v=12DjKbiJLx0

 

↑ご覧のように焙煎中はチャフ(薄皮)が結構飛び散りますので広いところでやるか新聞紙を敷くなどして対応ください。

熱気が上がってくるので軍手必須です。あとかなり煙と匂いが部屋中に充満します。

焙煎後は豆をザルにあけて百均の洗濯ネットの中にいれて扇風機をあてればチャフを飛び散らせずに冷却可能。

※なお、冷却しないと余熱で焙煎が進んだり、ぼやけた味になったりする。

直火は飲み頃まで数日かかりますが、熱風短時間焙煎は焼き立てでもまあ割と飲めます。

ただし水分がきっちり抜けないせいか直火より劣化の足は速いです。が、冷凍保存すれば問題ないです。

ちなみに私の焙煎豆は直火式なので同じ生豆で比べてみるのも面白いかもです。

 

 

↑余談ですが、コーヒーの煙の匂いが気になる場合は、富士通のピュアステージをおすすめします。

焙煎の量にもよりますが、数時間~半日で匂い消えますよ。

 

ポップコーン焙煎は、「手網で長時間振って煎るのがめんどくさい」人向けの焙煎方法ではありますが、

直火式である手網焙煎もなかなか面白いので機会があればトライしてみてください。

↑ちなみに手網焙煎器はこんなんです。

 

 

 

それでは自家焙煎ライフをお楽しみあれ。

なお、モナコーヒーでは生豆も販売しています。

 

 

壁│∀・)<ぜひ!

モナコーヒー出品一覧:https://monappy.jp/payment_forms/browse/bard

  • 公開日時:2017/09/08 22:18
  • 243 view
  • +0.11514114 MONA
  • テーマ:コーヒー

スポンサーリンク

コメント


※ログインすることで、投げMONAも送信可能になります。 → Login

@bard

またログインせずにカキコしてしまった…
では改めまして…

その通りだな(・∀・)ヌマァ

09/09 14:55:45

名無しさん

その通りだな(・∀・)ヌマァ

09/09 14:54:34

@Hawaii

コーヒー沼と呼んでいい世界

09/09 07:17:21