メモログ

メイド喫茶に行ったら遠隔ドンペリでToTheMoonした話

タグ: 体験記 

 (作:あるひさん)

初めに

 本記事は初めてメイド喫茶に行った男が、わけがわからないままドンペリを奢られたという衝撃エピソードをきっかけにメイド喫茶突撃の記録を文字に起こしたものです。せとかさんが書いているプリモプリマ雑記を読むとよりわかりやすいかもしれません。また、読みやすさのため、一部敬称を省いている点がございます。ご了承ください。

登場人物紹介(敬称略)

  ふぁね

本記事の執筆者。20歳。ドンペリ奢られた人。

  せとか

プリモプリマ常連と化した新参モナコイナー。ドンペリを一緒に飲んだ人。

  剣ヶ峰

本サイトMonappyの運営陣。大Mona持ち。ドンペリを奢った人その1

  脇山P(脇P)

言わずと知れた脇山珠美ちゃんのP。大Mona持ち。ドンペリ奢った人その2

  風歌

プリモプリマのメイド長。ドンペリを開けた人その1

  魔王

プリモプリマの店長。ドンペリを用意した人

  こあら

新米メイド。せとかさんのお気に入り。ドンペリを開けた人その2

その0 来るまでの話

自分がメイド喫茶に来店する前のこと、来た理由等をまず簡単に語っておきます。

メイド喫茶「プリモプリマ」を知ったのは日曜日のこと。11月からプリモプリマがMona払いに対応したことでとあるモナコイナー(ryu@まぐろ)がご帰宅(来店)し、そのツイキャスを放送。そこではモナコイナーがそこにいる御主人様(客)をスカウトした結果、祭りになる。(ここでモナコインに詳しくない方に説明するとモナコイナーが新規に向けて投げ銭をするのは珍しいことではないです) 初モナ払いの客の来店の放送ということもあり、大体70Monaぐらいが飛び交う放送になった。(当時時価約21,000円)

やっべえ楽しそう(小並感)

 というのが当時の自分の感想で。それから連日誰かしらが訪れることになり(例のキャス主や新参モナコイナー、ツナ缶の人など)モナコイナーのたまり場となっていました。そんな中に自分も混ざりたいと思い、やってきたのが金曜日のこと。

 

やっべえ、早く着きすぎた

 

 秋葉原についたのは16時。金曜日の授業が終わり、途中時間を潰しつつやって来たが、来るのが早すぎた。というのも、一緒に訪れる予定だった先の新参モナコイナー(せとか)が着くのが18時頃。先に行って待っているというのも一つの手だったが自分は今日が初メイド喫茶でありそんな度胸はなく。社会人と学生の差を痛感しつつ時間を潰すことに。途中、もう一つのモナ払い対応店であるパソコンショップ「アーク」さんの店頭を覗き、グラボ高いなぁとか益体もない事を考えつつ時間を潰しつつ、秋葉原を散策していたのだけども。

 

もう無理、疲れた

 

 一時間半ぐらい潰したところであえなくダウン。もなっぴどん(モナッピーユーザーのマストドン)などで他に今日来店予定の人が居ないか訊いて回ったものの成果はなく、腹をくくって17:40にメイド喫茶プリモプリマを訪れることに。

 

その1 入店と遠隔ドンペリ

 秋葉原のメインストリートから外れ奥へ。アニメイトの裏を抜け、暗い路地裏。工事現場の横を抜け、暫く進むとひっそり看板が。

ちょっと・・・わかりにくいね!

 

 奥まった所にある隠れ家的店舗というだけあり、かなり見つけにくい看板。初見殺しの名は伊達ではないといったところか。しばらく躊躇するももう逃げられないとマストドンに突撃を言い残し入店。

 階段を登り、扉を開けるとこじんまりとした飲食店が。カウンターが一列にボックス席が二つ。カウンターには痩身のイケメンとメイド服を着た女性が一人。女性がこちらを視認し、駆け寄ってくる。 

「御主人様のおかえりです。おかえりなさいませ!」

 この台詞を聴いた瞬間にメイド喫茶の空気に飲まれた。後はもう為されるがままにカウンター席に誘導され、着席し、説明を受ける。半分ぐらい右から左だったけども大体のことは事前に放送で知っていたので大丈夫。チャージ料金とワンオーダーで一時間。大体4Mona/hあれば足りる。Tipには40monaあるし、いざとなればZaifとMonappyから30Monaは集められる。

 しかし気まずい、というか落ち着かない。初めてのメイド喫茶で根が小心者なので仕方ないのだけれども。一人じゃ寂しいのでツイキャスのアプリをインストールして開始。メイドさん(風歌さんというらしい)に確認を取って開始。だが今回が初放送なので人が来ない。マストドンでも宣伝をし、人を呼ぶ。誰か来てくれ!

 程なくして剣ヶ峰先生が視聴に、無茶振りをされ、それに応えるしかない自分。(なーんでサンシャイン池崎の暗号通貨版テンプレなんてすぐ張れるんですかねぇ)この時はメイド喫茶に来てるのにスマホをずっと見て独り言喋ってる奇人であったのは間違いない。こうして眺めているとせとかさんのツイッターに更新が。

 

せとか『秋葉原ついた』

自分『tip084(はよ) プリモプリマで待ってる』

 

よし、これで来るだろ…

 

せとか『牛丼うめえ』

 

こ、此奴人がプリモプリマでテンパっているのを見越して悠々と…っ!

 

 しかし牛丼は飲み物ということもあり、放送で雑談しているうちにせとかさんがご帰宅(来店)。スーツ姿で如何にも社会人と言った風体。

 せとかさんを交え、風歌さんとでしばらく談笑。流石日曜日からほぼ毎日通っている人だけありもう慣れているご様子。それでもってだいぶ自分も落ち着いてくる。

 

ふぁね「そう言えば言い忘れてたというか、ネタバラシなんですけども。自分20なんですよね」

せとか「まじで?みんなモナコイナー若すぎでしょ?」

 

 ここまででせとかさんが会ったモナコイナーが15歳と19歳。一番下に至っては一回り違うということもありジェネレーションギャップを感じていたようで。そこで比較的話題が通じる自分も同年代だと思っていたらしい。まあ自分も誤解が面白く感じたので今日までそのままに。

 そうこうして話していると隣が騒がしくなる。どうやらボトルを開けたらしい。(プリモプリマは深夜営業も行うメイド喫茶なので酒も用意している)

 

ふぁね「向こうでボトル空けてますよ、すげえ」

風歌「ちゃんとノンアルも用意してありますよ」

ふぁね「もう二十歳なんで酒もいけますよ」

風歌「いつなったの?」

ふぁね「先月ですね」

風歌「お祝いだな」

せとか「お祝いだな」

風歌「せとかさん、ふぁねさんがお祝いしてほしいって」

 

ここでせとかさん、お祝いするボトルを何にするかを視聴者さんに相談することに

 

せとかさん「成人式でのお祝いなにがいい?」

風歌「シャンパンとかあるよ?」

剣ヶ峰『俺がドンペリ奢る流れ?』

ふぁね・せとか「ちょ、ちょっと待て」

 

 このときは誰も本気にしていなかった。(当人を除く)

 

 しばらくは話がそれ、雑談に。Monappyのアップデートの話だとか、明日明後日もやってくるモナコイナーの話とか、福岡のスペースワールドの話とか。

 

しばらくして話題が一周した頃。もう一度祝い酒が話題に。魔王も話しに参加し、本格的に何にするかを決めようとした頃。せとかさんが離席した直後にコメントが。

 

剣ヶ峰『Tip200 奢るぜ』

 

え?えっ?

ワイ混乱。混乱のあまり笑いが止まらなくなる風歌さん慌ててせとかさんを呼びに行く

 

風歌「せとかさんやばいよ!」

せとか「ん~どうしたの~?」

 

せとかさん、コメントを確認。

 

せとか「ああそうk

 

 せとかさんが膝をカウンタ―に直撃させつつ手洗いに戻る。更に笑いが加速。状況が読み込めていない風歌さんや魔王にも事情を説明。200Monaは時価で約66000円である。説明しているうちにせとかさんも戻ってきた。

 

せとか「すいません、取り乱してしまいました」

風歌「えっとね。これだけあるとね、光るドンペリはいれるんだけど」

 

光るドンペリ?

 

 二人困惑。どうやらメニューに乗っているドンペリ白とロゼの他にもう一種類あるらしい。正式名称「ドン・ペリニョン ルミナス」お値段なんと65000円。いけちゃう。いけちゃうのである。

 せっかくもらってしまったので吶喊。遠隔でドンペリを祝い酒として貰う新成人。この時点で初のモナ払いでドンペリを飲んだ男に。

なんか光ってる。ヌカコーラっぽい。

流石に飲みきれないので魔王と風歌さんにも一杯。

肝心の味はというと。まずは炭酸の酸味がしゅわっと口当たり良く。そこに果実酒のまろやかな香りが乗って舌を駆け巡るような。飲みくちがとてもスッキリしている酒でした。高い酒だけあって美味しく、一人だけグビグビ飲んでました(笑)

 

 

その2 ドンペリは止まらない。

 魔王を交えてしばらく雑談しているとそうこうしているうちに脇Pが降臨。脇Pが来たので様式美として脇山珠美ちゃんかわいい!を叫びつつ、画像を更新しようとスマホを触りつつ…

せとか「こいつ!更に乞食するつもりか!既にドンペリもらっておいて!」

ふぁね「様式美!様式美だから!」

 脇Pにお世話になってる一人として広報は基本。

PTip114.514

 ひえっ。

ふぁね「脇P、ありがたいけどもうドンペリ飲めないよ物理的に飲めないよ

P『は?』

等の冗談を交えつつ雑談。、ちなみにこの時の脇Pは完全にノリで投げていたらしく、成人祝いであることを知らなかったらしい。ノリって怖い。

 

しばらくすると他のお客さんが来店。ドンペリはまだまだ余ってるということもあり、振る舞い酒に。ここの一杯でルミナスが終了。

でもまだ脇Pにもらった分もある。みんな笑いが止まらない。魔王も笑いが止まらない。みんなまだ余裕があるってことでもう一本白行く流れに。

 

剣ヶ峰『どうせなら一番高いの行こうぜ』

 

ん?

 

モナコインちゃん『剣ヶ峰さんから200Monaが届きました!』

 

え?

 

剣ヶ峰『おくったぞ』

 

 きちゃった。

 きちゃったのでもう後には引けない。脇Pのと合わせて一番高いやつ「ドン・ペリニョン ロゼ」、すなわちピンドンを注文。

こちらがドンペリ二本並んだ図。威圧感がすごい。

 また先程の風歌さんと魔王とせとかさんとお客さんで乾杯。こちらは先程よりも甘みが強くお高くまろやかにまとまっている印象でした。とても美味しいけどそのありがたみが分かっていない自分。

 

せとかさん「ねえ気が付いたら俺にも脇Pから114Mona届いてるんだけど」

 

脇P!もうなんか麻痺してきたけどちょっと!ちょっと!

これでせとかさんも白を頼めるように。だがその前にピンドンを飲まねば。

ルミナスとピンドンを飲み比べられるのでそれぞれの味の違いがはっきりと感じられる。

 

魔王「じぶんも秋葉原長いですけどドンペリ飲み比べなんて初めてですよ」

 

 ですよねぇ!テーブルに15万円分の酒が並んでいるのはなんともバブリー。

 

 ここでTipMonaの残高チェック。

 残高689Mona。大きいもので剣ヶ峰先生から400Mona。脇Pから228Mona。(ピンドンの流れで追加で114Mona届いていたため)。689Monaは時価で23万。 あれぇ…?手持ちで持ってきたときから約17倍である。

 

ここで魔王に質問コーナー

Q.どうしてモナコイン導入したの?

A..なんか面白そうだったから、あんまり良く考えなかった。こんなに玩具になるとは想定してなかった。

Q.モナコインを知ったきっかけは?

A.10月末の秋葉原ジャックで。

Q.">モナコインの曲流してもらっていい?

A.いいですよ

 

 魔王さま神的にいい人。

 

というかモナコイナーの基本原理である「面白さ第一主義」を理解している時点で大分モナコイナーへの順応度が高い。

にしてもドンペリ二本開けるとはなぁ…

お客さん「ドンペリ二本っていう括りは雑だから!一本ピンドンだからね!」

 す、すんません

 

その3二度ある事は三度ある。そしてTo The Moon

 こうして話していると何時の間にやら9時になり、せとかさんの推しであるこあらさんが登場。ここでドンペリ白を頼んでこあらさんに開けてもらうことに。

風歌さんと違って慣れてないこあらさんもなんとか開栓し三本目が解禁。

 

 壮観…!流石にここまで来るとドンペリを飲む手のスピードも落ちてしまう。味の感想としては白ということもあってルミナスに近い。でもルミナスの方が爽快感があってスッキリとしてる分好みだなという印象。

 

ここでこあらさんから知らされる事実が一つ。

 

こあら「あれ?これポイントやばくない?」

 

 プリモプリマのポイントは1つにつき1000円。50ポイントで天上にたどり着く(という設定)。つまり自分の支払いはドンペリ二種分の15万オーバー。

つまり三回は天上に吹っ飛ぶ計算。プリモプリマでto the moon.

 にしてもモナコインのお陰でドンペリ飲めました!とか何処かの怪しい広告のような状態である。本当に進行形なのが恐ろしい。

 この後も様々な雑談が続くものの全てを語りつくす余裕はないので省かせていただいて。(このゆったりとした雑談も大変楽しゅうございました)

 気がつけば23時ということで終電前に自分は帰ることに。自分は都住みでないのでその分早めの帰宅に。

会計は512.36Mona。 512.36Mona 日本円にして17万1640円

 ふぁね、豪遊…っ!(追記:白ドンペリはせとかさんに投げられた分の支払いなのでここに含まれません)

その4 終わりに

 大変楽しい一晩でした。まさかあんな祭りが起きるなんて思ってもいませんでしたし、放送で祝って下さったみなさまには本当に感謝の念でいっぱいです。特にドンペリを奢ってくれた脇Pと剣ヶ峰先生、本当にありがとうございました。せとかさんがいて下さったお陰でプリモプリマへ足を運べました。ありがとうございます。素敵な場を提供してくださったプリモプリマの皆さん、ありがとうございました。

 初めてのメイド喫茶でしたが本当に楽しく過ごせました。見つけにくい立地も隠れ家っぽさ重視と考えればいいのかなと。とかく落ち着けるいい空間でした。

 ビットコインがハードフォークで揺れている昨今、ビットコイン筆頭とした暗号通貨は単なる投機対象として見られることも少なくありません。そんな中でパーっと飲んで騒げるモナコイン界隈は本当に楽しい界隈だと実感します。この記事の執筆で少しでも新規の人たちに界隈のあったかさと面白さが伝えられたら、それがこの祭りで一番の成果だと思います。様々なことに使えるモナコイン!なんとドンペリも遠隔で奢れるすごい通貨なんだぜ!ってことを示した所でこの記事を締めさせてもらいます。

 今回はありがとうございました! 

  • 公開日時:2017/11/23 04:19
  • 1148 view
  • +1.59725428 MONA

スポンサーリンク

コメント


※ログインすることで、投げMONAも送信可能になります。 → Login

@pon_0730

いよっ!待ってました。

2017/11/23 18:54:48

@nekozuka

ドンペリキャスお疲れ様でした&お誕生日おめでとうございます!
僕は脇Pさんがモナを投げるちょっと前から観始めたので、モナコイナーの恐ろしさを目に焼き付けましたww
何とも不景気を感じさせない放送でした!

2017/11/23 17:17:00

@saqula

お誕生日おめでとうございます
いいなーメイド喫茶(行ってドンペリ飲み)たい

2017/11/23 06:46:55

@hoimhoim

ドンペリの背景にはそんなことがあったんですね〜
モナコイナーのヤバみを感じるw
そして誕生日おめでとうございます

2017/11/23 05:28:13