メモログ

誰もが生きやすくするのが政治家の仕事じゃないの?

2980MF
2021/09/11 18:57


 他者に対して大きな不都合を押しつける事なく、誰もが今よりもいい暮らしを出来るように社会制度を調整し続けるのが政治家の仕事だと思っています。

 それなのに今の政治って…大昔のバブル期は確かに株価の上昇と世の中の金回りは連動していたように思えるけど、今の株価上昇は株価によって支えられているというか、株価の低迷が続いてしまうと破綻してしまう社会制度を延命させ続けているだけのように思えます。

 本来は国民の大多数が大きな影響を受けられていたから株価が景気指標とされていたけど、現在も続いている政治路線のせいで株価は政治家の功績のために操作されてしまう指標とか、株価上昇により直接的な恩恵を受けられる人達の幸福度を表す指標になってしまったように思ます。

 自己都合にいい部分としか向き合わないようにしていると思えてしまう政治体制が続いているせいで、その立場にある意味を歪められながら政治家にとって都合のいい部分だけを功績として悪用され続けられたモノは株価だけじゃないはずです。

 本当に世の中を思う政治家ならば、株価の意味を自ら歪めるのではなく、現状の株価のように歪められてしまったモノを正しながら正せない場合はその代わりを模索し、世の実情を把握しやすくしながら一人でも多くの人の暮らしが良くなるように制度設計と向き合い続けているのでは?

 

 ここで話は変わりますが、ある立場に就くため信条を歪める必要がないモノなど何処にもないと思えます。

 しかし、その立場に付くモノが絶対に従わなければならない条項が多いほど、その立場に付いている人の意味がなくなってしまいます。

 これから行われようとしている自民党の総裁選や衆院選は、上記で述べた事柄とどう向き合っているのかをちゃんと考えながら投票行為と向き合って欲しいんです。

 本来の人間社会とはずっと変わり続けているモノなのに今の政治家達はその変化と向き合わずに自己都合のいいように保留し続けているようにも思えてしまいます。

 変わりゆく社会の変化に対し、多くの人々が困惑しないような調整をするのも政治家の役目だから変えない事も大事なんですけど、ずっと変わらないモノなんてありませんから…ああ、変わらないモノがないというのが変わらない事でもありますが。

 ああ、また訳が分かりにくくなりましたね。

 それはさておき、民主党が政権をとった時、参院議員と衆院議員の過半数を持つ政党が違ったせいで法制定が上手く進まない事態を自民党は放置し続けた上、これ以上悪あがきが出来ない局面になってからようやく衆院議員選挙へと舵を切りました。

 それに対して民主党政権末期は、自民党の悪癖と直面していた民主党政権は最低限の約束を自民党と交わした後ですぐに衆院議員選挙へと舵を切り…それで結局、安倍政権は約束した議員数削減を棚上げした上に311や自民党政権悪あがきのせいで積み重なった混乱への対応をなかったように訴え続けながら自己弁護だけに熱心といいますか…自己都合に悪い事をなかったようにするのが当たり前のようにも思わせています。

 そりゃあ、民主党政権時に追い詰められた人達も多いでしょうし、民主党政権が完璧とは思いようもありませんけど、民主党が政権をとった事によって良くなった事もいくつかはあるはず…というよりも自民党の長期政権によって崩され続けてしまっているモノが多いように思えるので、たった一回だけ短期間の変化だと良いも悪いも決めつけられないのが現実のように思えますから幾度も政権交代を繰り返して、一人でも多くの政治家が国民一人一人と向き合おうとする世の中に変えていきませんか?

 よく考えると結局、自民党が野党の時は今の野党と同じような事をしていましたし、民主党が政権をとった後で下野したおかげで良くなっている野党側の行動も何かあるはずですし…まぁ、今の野党だけを見てしまうと政権交代すると改悪しかないような気もしますけど、政権交代したとしてもすぐに大きな改悪など出来ないのは皆さんご承知でしょうから…。

 自己保身を第一とする政治家達は結局、落選や政権からの陥落でもしないと自己改革なんてしないんです。

 それも大きな自己改革なんて壊滅的な状況に追い込まれないとしないように思えます。

 選挙結果が出る前にもっと真摯に国民達と向き合ってくれる政治家達を育てなきゃ国なんて簡単に滅んでしまいそうなんですから政治家達を教育する為に必要な期間にうけてしまう不利益にはもうちょっと寛容になりながらよりよい国家運営を目指さないとどうにもならない未来がきてしまうと思うんです。

 もう既に遅い気もしますが…間に合うかもしれませんから。

 

悪しからず

*狂人の妄言です…好ましい政治家は誰もいません。宮沢元首相の財務大臣再任時は何となく納得できたけど今の麻生は…人材を育てる気概を感じさせてくれない現状の自民党上層部が政治家を引退でもしない限りは、自民党は日本を悪い方向へ進めてしまうようにも感じています。

 日本も諸外国みたいに働き盛りの年代がトップに立てないんだったら真剣に未来と向き合っている感は絶対に出ないようにも思ってしまいます。(性別がどうこうではなく、年代の方が大問題だと思うのですが。)

 だって、政治的な法整備の結果は数十年後にしか分からないモノが多いと思えますので…その結果と向き合う必要がない人はそれと真剣に向き合うと思えますか?

 

 長い駄文を最後まで閲覧頂き、どうもありがとうございます。

  • 75
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。