メモログ

withコロナが日常となってから始まる崩壊

2980MF
2020/12/29 20:18


 今はまだコロナの驚異が大きいとされているおかげで表面化しずらい問題が沢山あるように思える。

 世界がコロナを中心に物事を考えているせいで、本来だったら既に向き合うべき問題を考えないように仕向けている流れもあるように思えてしまうから。

 実際にコロナ問題によって多くの人々が強い影響を受けているのは事実だし、その中には経済活動の縮小による直近の被害を受けてしまう人が多いはずだ。

 しかし、長期的な地球環境問題は経済活動の縮小のおかげで恩恵を受けているようにも思えるから…結局、総合的な評価はある程度の結果が出そろわないと判断しようもないので、もしかしたらコロナが人類にとって救いと評させる未来があるかもしれない。

 もし、そんな未来があったとしたら、コロナ問題による経済の鈍化があったおかげで、大問題が表面化するまでの時間が先延ばしされて、その先延ばされた時間の中で解決というか…被害を最小化できるようになった場合だと思う。

 問題自体が表面化しなければ問題自体がなかった事になってしまうので、本来だったら大問題になってしまう事象を一般的な問題のようにしてしまう…いや、それはどこにでもありふれたお話になってしまうので、それでも認知されにくくなってしまうのか。

 世界に溢れ続けている色んな問題と直接対峙している人達においては、ある一個人の存在がなければ成り立っていない事を知っている場合は多いように思えるから。

 まぁ、ある一個人が存在しなければ起こりえない問題も多々あるように思えてしまう皮肉もあるけど。

 色んな一個人がもがき続けた努力の積み重ねによって、今の世界は形作られているはずだから…コロナによって進行速度が鈍化した問題と向き合い続けている人達にとっては、意図せぬ貴重な時間を手に入れられている可能性があるはずだ。

 コロナによって膨大な負荷がかかってしまう職種も多々あり、崩壊していまいそうなモノもあるけれど、そこはどうにか改善を重ね続けながら踏み留まって欲しい。

 この際だからコロナ前からあり続けた問題も含めて改善し、社会維持に必要不可欠な職種についてはどれも好待遇と思えるようになって欲しくもある。

 それと付け加えるのならば、多くの情報を限られた人だけが入手できる状況で成り立ってしまった政治家について、認識を含めた待遇をもっと大きく見直して欲しい。

 今はまだ無理かもしれないが、ある一定以上の知識を有した人達による多数決を主とした合議制は、現状の政治家不在でもそのうち成り立ってしまうはずだから。

 一昔前だったら批判的な意見とも真摯に向き合おうとするのが政治家の職務の一つだと思えていたのに…批判的な意見と向き合うのを拒否する政治家は機械以下に思えてしまう。

 文明の発達によって形成された情報化社会とも真摯に向きあおうともしない政治家は、国民とも真摯に向き合うことがないように思えてしまうから。

 現状を形成している主要因から目を逸らし続けている言動は、自己都合にいい国民しか見ていない事の裏返しだと思える。

 何かと対峙する基本は、無関心なモノと対峙している場合に現れてしまうとも思っている。

 だって、日常生活の殆どは無関心な状態で行動しているはずだから。

 人間自体が集中し続けられる時間は限られているし、集中していない時は身についたままに行動しているとも思っているので、その人が何も考えず素の反応をしたと思える時は、その個人の本性を見せてくれたようにも思っている。

 今のような世界となる前は、秘匿情報が多かったおかげで尊いとされる政治家は成り立っていたはずなのに…鈍感力と厚顔無恥だから就けてしまうように思わせてしまった政治家達が日本を動かしているのは、政治家という職業をなくそうとしているようにも感じてしまう。

 当人達の真意がどこにあるのかはどうでもいいが、利益供与を図るために時間稼ぎの猿芝居をし続けるのが政治家の義務のように感じさせては駄目だろう。

 今後、フローチャート式の思考が当たり前となった世代が大半となる未来では、現状の政治家達が愚行例の代表として語り継がれてしまうように思える。

 

 っと、なんかいつも通り訳の分からない愚痴となったので本題に戻します。

(1)公金の価値保全が第一目的となっているように思える株式市場〔実体経済との乖離分をいつか補正する必要があり、暴落するのは必然だと思える〕

(2社会生活維持に必要なのに業務過多を含む低待遇のせいで崩壊しそうな業種〔現在進行形で、医療関係は見直されそうだが、介護や教育関係に運送を含むインフラ業種などをどうにかすべきだと思う。現状で高給取りの待遇はそのままにして、低所得者の収入増加による経済拡大からの物価上昇を実行して欲しい〕

(3)他業種の銀行化による銀行の存在意義の縮小〔経済には必要とされる銀行業務を再定義しなければ、現行の銀行はなくなるように思える。クラファンによって中小規模融資の在り方は確実に変わっているし、窓口業務も過渡期のまっただ中にあるし。〕

と取り敢えず、この三点だけでも現在進行形で対処しなければ、日常を大きく揺るがす大問題の起点になるかと…何か別の事を書こうとしていたけど、不満を思い出してこんな風になってしまいました。

 時間がかかりすぎたのでこの辺で終わりにします。

 長々と駄文を閲覧して頂き、どうもありがとうございます。

 ああ、諸処の待遇改善を促すためにもっと離職と再就職しやすい社会になって欲しい。

 本当に訳の分からない文章となってしまい申し訳ありません。

 

悪しいあらず

  • 96
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。