メモログ

嫌な未来予想

2980MF
2020/05/21 01:11


 バブル崩壊以降の経済活動は、技術進化を基とした流通過程や製造工程の集約化による成長が大きいと思っている。(いわゆる最小化による中間コストの見直しと最小化による顧客からの意見反映の最速化が、富を集める基になっていると考えている)

 人が関わる事への新しい価値が創造されない限りは、今後の経済活動も現状で発生しているコストのある部分を無駄としてそれを切り捨てる行為によって、利益確保をするしかない傾向になってしまうとも思っている。(人の関わる割合が大きい商品以外は工業的な製造方法へと置き換わる気がするし、近い未来には芸術分野も機械に支配されてしまって人の介する必要が無くなってしまう気もする。まぁ、人が主体の社会だから存在している商品達は、機械が主体となった暁には機械の嗜好品化する事によって残り続ける可能性はあるけど…その時には、人がペットや保護動物扱いになってしまうのかな?)

 現状の社会とは、人が主体となっているからこその現状であって、人が主体であったとしても人の必要ようなモノも主体となっている。だから、一部の人達の利益の為だけに人の関わらなければならない社会の割合を減らしてしまうとその割合分だけは、人以外の影響力が増える事も考えなければいけないんだ。(結局、社会を形成するには多くの存在が必要だから…権力者が耳を傾ける人数を減らしたいが為だけにそうしてしまうと、その減らした分の役割に成り代わった存在は必要不可欠になってしまうので、最終的には無意味どころか自分の首を締めやすく思えてしまう)

 現状の日本を考えると、技術の恩恵だけを受けようとする権力者達は、技術のもたらしてしまう権力者達に不要な部分をどうにか誤魔化そうとするだけで、正面から立ち向かおうとはしていないように思える。まぁ、この傾向は殆どの人が持つ傾向でもあると思えるからどうしようもないとは思ってしまうけど、自分に不利な部分も直視して、それを自分に有利なモノのように使えなければ先は暗いと思ってしまう。(誤魔化すのも使い方の一つではあるけど、ちゃんと向き合ってみれば、自分に有利な使い方は見出せるし、見出さなきゃいけないとも思うからそうできるようにならないと駄目な気がする)

 このままでは、政策が反映される時間を言い訳にしている政治家達のせいで日本は本当にどうしようもなくなってしまうように思える。だって、現状で既に政策の結果がでる前に対応すべき事態を何度も迎えているのに政治家達は、それを問題ともせず自己保身だけに思考を巡らしているように思えてしまうから。

 人が人であり、現文明を継続させたいのならそろそろ民主主義や社会主義的な思考の対立ではなく、人間的思考と機械的な思考の対立へと変化させ始めなければ、いずれは機械的思考が世界を支配してしまうのではないか。

 いずれは来てしまいそうな機械が支配する世界を防ぐ為に自己利益ではなく、人類的な利益を考える思考を第一にしなければならないように思ってしまう。

 

 何か分かりにくい気がするけど、自分の言いたい事が伝わるようには書けたように思います。

 駄文を読んで頂きありがとうございます。

悪しからず 

  • 141
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。