メモログ

緊急事態に必要だった備え

2980MF
2020/05/10 16:55


緊急時に必要な備え

1)予備公務員の創設(予備自衛官に近いイメージで、生活保護受給者が役所における手続き〔書類記入〕の説明業務をいつでも代行できるようにしておく。対人業務で多大な時間を要するのは、書面チェックとなるので、正式なチェックの前に軽いチェック〔専門的な知識をあまり必要としない正誤性の確認業務〕を設けられれば、一案件に対する処理速度を大幅に削減できる気がする。生活保護受給者意外にボランティア活動として募集してもいいし)

2)緊急時に必要な物資のユニット化(コンテナなどの運搬しやすい形状で、緊急時に必要とされる設備や物資を即時搬送できる体制を整えておく。311の時にも思ったけど、ヘリで搬送可能な発電ユニットなどを各地方毎に拠点を設けて配備していなかった理由が分からなかった。普通に考えれば、電源喪失で発生する緊急事態は多いように思えるから、過剰対策として即時移設可能な電源設備は常駐すべきだろう…それに今回の場合、ウイルス対策の商品をプレハブ小屋のグレードとして想定〔部材追加による転用でもいい〕していれば、設置場所の確保だけをもって大きな対策を打てたはず。平時における緊急事態への対策会議では、これ以上に必要な何について議論を行っているか疑問に思ってしまう)

3)緊急事態時だけに有効化する緊急事態時に必要な法律(現状では現実にそぐわないと思えるので。緊急事態とは色んなモノが原因となる国難だからもっと柔軟な対応をすぐ出来るような法律が必要だと思う。そして、その法律は木を思い描くように原因に対して有効性が確定していると思えるゆるぎないモノを根幹として制定し、確度が高いモノを枝葉のように伸ばしながら誤用される事態を剪定するように制定すべきだと思う。今の法律は権力者第一だと思えてしまうモノが多いから納税者なら誰しも納税したくなる法律を作るようにして欲しい)

4)社会生活を送るために必要な教育(これはここで触れる必要はないかもしれない。でも、実際には一番これが必要だから…。ここ数十年で文明が進化しすぎてしまったので、現実を直視した教育改革を行わないと歪みが大きくなりすぎてしまうと思う。以前だったら、政治家などへ相談する事で初めて知る事が出来る社会制度があるから権力者の権力維持などに役立ってきた側面はあった。しかし、情報を昔より簡単に入手できる現状では、その状態を放置する事は権力者の醜さを表すようにも思えるので、こんな状況になったんだから義務教育課程でその仕組みを理解できる教育と福祉制度の一覧が明記された書籍配布を実施した方がいいように思える。それに教育と地域社会が乖離し始めた気もするので、義務教育課程で学ぶ生徒達が社会制度を知らない人達と一緒に制度を学ぶ場があってもいい気がする。誰一人同じ人生なんてないのだから社会に出る前に福祉制度が必要となってしまった社会人と触れ合う経験も必要だと思えるから。各家庭で学べる事もあるけど、他の家庭を知らなければどうにもならない事は多すぎる。生徒には早すぎると思う人もいると思うけど、子供達は他の家庭を結構気にしているモノなんだから。)

5)いつでも今があり続けないと考えられる思考(これは人生に必要不可欠だと思うけど、これを真剣に考えている人は少ない気がする。今より幸せな未来を向かえる為には、現状を維持する考えだけではなくって、現状を改善したり、窮地を覆せる考えを持たなければならない。だけど、それらを軽く考え続けた社会のせいで、そう考えられる余裕がなくなってしまったから…余裕がある少数がどんどん有利になってしまう現状をどうにかしたいな。)

 

 無学で無能な自分の戯言を読んで頂きありがとうございます。吐き出したい愚痴は結構あるので、また気が向いたら…かなり昔の投稿の続きも誰かのご要望があれば、追々書くかも…たまに頂ける反応は嬉しいし、助かっています。誰かの意見も聞きたいけど、それは欲張りなのかな?

 

悪しからず

  • 95
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。