メモログ

国民に平等な経済対策を

2980MF
2020/03/11 21:58


 コロナウイルスが及ぼした悪影響への経済対策として、主に減税を求める声を多く見るがそれは適当じゃないと思う。
 だって、一時的な税制の変更には莫大な手間がかかる上にすぐに実行できないと思うから。
 一時的に税制を変更するのなら限られた業種に特需が発生する事はあるが、それに比べて仕事量だけが増加して収入の変わらない業種が多いと思えるし。
 あと、現政府が実行しようとしている世帯や業種による差別を基準とした給付案は愚策だと思う。
 給付条件の決定だけでも多大な労力と時間がかかる上、その審査で更に無駄の二重取りとなってしまうから。
 自分は民間にあまり干渉しない政府を理想としているせいかもしれないが、現政府が非常事態に近しい状況と考えている人も物資も不足しそうな状況で、支持者への影響力を残すために変な条件付けを行うのは、為政者が自己保身を第一と考えていると明言しているように思えてしまう。

 だから、現状で何か経済対策をするのであるのならば、全国民に一人あたり十万円給付するのが一番いいと考えている。(一億二千万人として予算は十二兆円+口座の確認と振込手数料)
 その理由は
・不平等感が一番少なくなる
・事務手続きが口座確認と振込だけとなる
・大規模な国民への給付と国債発行を行えば、円安株高基調となるはず
・余裕のある方は、給付金を元に落ち込んだ観光業などで散財して頂ける可能性が高い
・事業主は、政府の行う国民への生活援助を基準に落ち込んでいる労働調整をしやすくなる(最悪の場合、労働者の給与以外を関係先と調整して賄えない場合は元々事業継続か難しいから廃業しても仕方ないとする。企業への介入は最小限に。さんざん優遇し続けてきた大企業には内部留保で対応して頂く。)
などです。
 こうすると、本当に国民が必要と感じているモノへ資金が動くはずでもあるから…分かった気になって不要な場所へと無駄金を流してしまう現状が改善されて、本当に必要な場所へと資金が流れてその存在も維持される気がしています。

 もし、大きく影響する期間が延長される場合は、その都度に国民への給付をすればいい。
 本当に緊急時だと思えるのなら、単純明快で不平が出にくく、手間も最小限になる方法を思考するのが本当の為政者であると思ってしまう。

悪しからず。
  • 212
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。