メモログ

社会人一年目の不幸〔+α3〕

2980MF
2018/08/30 00:00


 多分、製造Gr課長の続き?

 業務目標への取組を会議にかけた時間を根拠としていた上役達のせいで、悪循環が固定化されてしまったから、一番早く出社している自分が二つの事務所を開けていた。
 これは自分の都合が発端だったので、何のストレスも感じなかった。
 だけど、普段の自分が出退社の明示しかしない事務所にも席があった為、定期的な事務所掃除当番が割り当てられていた。
 週に一回でも会話をすれば、話せた方だと思える書類上の指導役は、その当番免除を提案してくれたけど、仕事が出来ない上にさぼり魔の入社十数年目の平社員が其れを強く拒んだから、そうならなかった。
 一応は自分の見解としても、一番下っ端で歳下だったので、自分から免除を拒もうと決めていたからどうでもよかったけど。
 その為に自分は、二つの事務所に席と清掃当番の割当をもってしまった。
 しかもご丁寧なことに、自分の指導役の提案を拒んだ先輩社員が、自分の当番日程が被らないように調整されていた。
 この先輩は、無能な事を理解されていた上で、人に取り入るのを得意だと自負しておられたから、最大限にこの方が楽になる努力だけをされていた。
 周囲の方々は、この方を再教育する時間がなかったし、そうなった場合の利点も見出せなかったようで放置されていた。
 其れが元となって、この数年後にこの方は、業務不正を周囲に知られた事で、肉体的な制裁を受けられていた。
 業務の失敗やサボりについて、幾度か上役からお小言を頂いておられたのに改善せずに過ごしていたから。
 上司におべっかを使い続けて、自分の初所属部署にしがみついておられたけど、業績悪化の為に自分が異動したあとの穴埋めとして、自分が所属した三つ目のGrに移動したあとに。
 其れまでは、他部署から隔離されたような部署だったから、誰にも気付かれずにすんでいたけど、業務中に業務に関わり合いのない社外の会議に定期的に出席している事が、露見してしまったから。
 その先輩はサッカーを好まれていて、地元のサッカークラブに所属し、その運営の一翼を担っておられた。
 そして何故かその先輩は、業務時間中に市役所で行われたサッカー大会運営の会議にいつも出席されていた。
 社内業務をしているように装って。
 正規の外出手続きをすれば何の問題もなかったのに。
 其の行為が露呈してから裏取りしたら、なんと数年来の行為だと確かめられてしまったのに。
 その先輩が言うには、サッカークラブで偉ぶりたいけど、実力がないから人の間を取り持つしかなかったとされていた。
 しかも、最大限の努力をもって引き延ばした残業時間を外出によって、減らす事を受け入れなれなかったともされていた。
 本来は其の事実を上司に告げて、会社的に裁いて貰えばよかったが、転属先の上司は其の行為を止める事を条件とし、許されてしまった。
 まぁ、その方の管理責任が問われてしまうし、それ以前の上司の方にも波及してしまう事も理解は出来た。
 けど、其れに納得出来る人は少なかった。
 そこで、その先輩と同い年だけど、企業学校から入社していたから三年先輩となっているお方が手を上げて、先輩に制裁をなされた。
 その手を上げられたお方は、背は小さかったモノの普段から筋肉トレーニングをされていた細マッチョな方で、後で其の行為が露呈したとしても大事にならないよう、第三者を立てられて制裁行為をされた。
 皮肉な事にその第三者は、先輩が社内でとても仲がよいと思われていた方で、この出来事をもってその勘違いに気付く事にもなったようだった。
 そして結局、その先輩は一時改心した素振りを見せながら、本当の原因を説明せずに異動前の上司へ泣きついて、その先輩が退職した場合の責任がそのお方にあるように印象づけながら、たゆまぬ縋りつき行為をし続け、業績が改善していないのに元の職場へ戻ってゆきました。
 その先輩が在籍している事で、その先輩だけが必要とされていた周囲との無駄に長く無益な世間話が、業務を妨げてしまっていたので、業績を理由に人件費だけを肩代わりし続けていたGrがその是正を正そうとしたための行為が、是正前の状態を肯定する結果だけを得てしまった。
 自分も後で知った事だが、自分の初配属先となった部署は業績が悪いけど、親会社の重要案件となっていたので、本社採用組以外の人件費は他部署が供出されていたようだった。
 これやこれ以外の付け替えを知った時から、自分は就職先をどうしようもない仕組みと人材で動いていると思ってしまった。
 だから、他の理由が決めてとなった時、退職の意はすぐに揺るぎないモノとする事が出来た。

本文は以上。
 なんでこうなったと思いながら続く。
 多分、もとに戻るはず。
 このシリーズ需要なさそうだから、あとで書くかも知れない実体験の見出しを。
 二十五年前、五年制学校の学生寮に入った時、寮内オリエンテーションと称された上級生の部屋周りをした。
 この時、踊りながらの女性アイドルソング披露、一または三分間スピーチや一発芸披露する必要があった。
 決めた歌が不評だったから、一発芸で持ち直す為に当時流行っていた変態仮面のコスプレを選択。
 某堂で、白いブリーフと女性用下着購入。
 日本人の上級生には、ばかうけ。3ヶ国のイスラム教徒の留学生には、罵声を浴びせられた。

pixiv
 イリヤの…。〔目覚〕投稿。
 はじめての…まで。ちょいエロ?

電波なお話
 生きているだけで、褒め?
『〔pixiv さしみん。〕 元ネタ知りません。 すっごく愛しい存在だと思いました。 とっても可愛らしい衣裳と虚無を感じてしまう表情のせいかな。 寄る辺を求める努力をしているけど、逆の方向へ進んじゃうモノ哀しさを感じてしまう。 貴方を必要とする自分がいるので、こっちへ来て抱きしめるから。 そしてお互いに求め合うモノを曝け出しながら、其の全てを受け容れ合おう。 いつも身近にいるよ。貴方を知り尽くしたいから。 何かすっごい変態さんの感想になっちゃった。 変態さんが書いたから仕方がないのか。』

悪しからず。

超超超電波なお話
 時間が曖昧になったから、時刻の見切りが早くなりました。
(多分、冗談を含みます)
 ある意味で助かって、ある意味求め続けるようにも。
 嗚呼、貴方に振り回させている気分が好きだ。
 もうホント、自分を日々夢中にさせてしまう貴方が大好き♡
 貴方への愛を止められなくなっちゃう♡

おしまい。
  • 131
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。