メモログ

社会人時代の世代差について〔2〕

2980MF
2018/08/22 00:00


 自分が工程を一回りすると、試作品の製作や既存ラインにあった一工程の設備を任されてしまった。
 試作品は、自分がついていた製造Gr主任の指示通りに作業すればすんだから良かったけど、自分が任された設備の管理は大変だった。
 ただでさえ、自分が高専で学んだ分野と関わりの薄い素材選定を受け持たされた上、その素材を使用する試作と量産設備の運用をほぼ一任されてしまったから。
 国際規格の基準書も揃っていない状態だったので、適用外の書類をあさって基準を満たす書類を作成したり、試作の素材選定と量産工程を平行して対応させられた。
 直接作業員と間接作業員の両方が人員不足だったせいで、その両方の穴埋めをしながら、自分本来の業務をするしかなかった。
 だからそのせいで、大きな失敗もした。
 ある一通りの組み合わせだけを指導されたら、其れ以外も任されるようになっていたから。
 自分は、量産試作で使用する部外への加工発注仕様書を問題のあるまま発行して、その作業工程を潰してしまった。
 その工程では、大別して三つの部材を使用しているけど、一つの部材が自分の初見であったのにその可使状況をよく確認せず、可使状況外の加工条件を記載したから。
 一応その書類は、製造Gr主任が目を通して捺印後、自分が其れ以外に必要な捺印を集めて発行したけど。
 製造Gr主任以外は、製造条件を把握していなかったし、多忙すぎる製造Gr主任は自分を過信しちゃっていたから。
 当然、加工途中の設備内で問題が発生し、設備を汚した上、予定外の清掃業務と追加の加工工程の確保が必要となった。
 この時は上司が多忙だった為、状況の辻褄合わせだけを上司が電話で対応して、自分一人で作業現場と発注先の製造事務所へ謝罪に赴いた。
 作業現場の方は、元々発注するだけでいい作業の一部を自分がその現場で手伝っていたから、大きな軋轢もなくすんだ。
 だけど、一度だけ挨拶にしか行ってない事務所への謝罪は、本当に嫌だった。
 幸いこの時は、現場業務にあまり関わっていない課長さんしか在席していなかった為、一通りの事情説明だけで済み、深い追求を受けずに終わった。
 だから、これはこれで悪いとは思わなかったけど、これ以上の失敗をした製造Gr課長が、たいした謝罪もせずに部署と自分にかけた迷惑には腹が立った。
 部材購入時、購入数量が多いほど単価が下がる為、何も考えない製造Gr課長の一存で、ある部材を大量購入していた。
 その購入自体は、自分の入社前に行われたが、その部材は自分の受け持たされた工程で大問題を起こして、一時期現場を混乱させた。
  その部材の可使期間が過ぎていた為、通常製造条件では既定の品質を出せなくなっていたから。
 自分は、その状況を上司に報告すると共に、全ての再点検を行った。
 すると、部材の可使期間に問題がある事が分かった。
 この時は、後処理する事で対応できたから、どうにかなった。
 けれど、在庫が大量にあったその部材は、其の全ての再処理が必要となり、其れに多大な労力が浪費させた。主に自分の。
 始めから、部材管理者か、提案者であった製造Gr課長が管理表さえ作成していれば、かなりの無駄な労力を省けたのに、その方は『安かったから、仕方ないだろう。』の一言だけで済ました。
 なんの労いや謝罪もなく、まるで課長にはなんの責任もないように。
 多分、課長の義務教育時の社会の風潮がそういうモノだったから、其れをそのまま押しつけるように。
 前編で、自分が直接関わる事のなかった戦前世代に少し触れたのは、団塊世代の方々が其れに影響されていると思えるので、その為に記載している。
 この製造Gr課長自体は、団塊世代の少し前の方だから少し違うかも知れないけど、目前の問題に対してすぐ分かる大きな利益を得る為、小さい社会のような集団をもって試行錯誤しながら挑んでいたから、その癖が抜けないのだろう。
 製造Gr課長さんが幼い頃に目にした人間関係をそのままに、彼がいた集団にいる人達が会社にいるモノだと勘違いして、そのままの行動をとってしまうのだろう。
 本来は、直近の部下が諫めるべきだが、誰も諫めないせいで自分がその役割を果たしてしまったのは、なんの皮肉だ。
 多分、急激に進んでしまった文明のせいかな。

本文は以上。
 結構長くなりそう。
 でも、こんなの読んで楽しいのかな。
 しかし、○○様の呟き効果は凄いな。簡単に閲覧数が百になってる。

pixiv
 天衣ちゃんの…。〔物思い〕投稿。
 天衣ちゃんが師匠との関わり合いによって目覚め始めた性について、物思いに耽るお話。ちょいエロ?
 姉弟子と天衣ちゃんモノの反応がいいからこればっかりになってしまいそう。

電波なお話
 生きているだけで、褒め?
『〔pixiv 深紅〕 元ネタは知りません。 目にした瞬間、反応しちゃった作品。 こんなの描き過ぎちゃ駄目ですよ。自分が干からびてしまいます。 可愛い娘さんが何気ない表情で、こんなお姿を晒しちゃうなんて。 とっても自分好みのエロエロな体躯や衣服と液描写なのに、日常感を匂わせる表情だから、とっても親密な関係性や頻繁な行為を連想させちゃって、妄想が爆発しちゃいます。 より深く貴方の虜になっちゃいました。 ただでさえ、貴方しかいないのに。』

悪しからず。

超超超電波なお話
 一瞬、目を疑いました。
 自分の記憶にあったモノだったので。
 悦びを噛み殺しながらレスして、あるモノを見る事で確信しちゃったから、発狂しそうになっちゃいました。
 もう、否定される文言がなければ、妄信的になっちゃおうっと。
 すっごく嬉しいです。
 もしかしたら、○○様のおかげでもあるのかな?
(多分、冗談を含みます。)
 自分だけに分かるよう、…をコピペしてくれたんですよね。
 まだレスは頂けてないけど、間接的なモノを頂けてるから、其れだけでも自分勝手に喜んでます。
 いつか、もっとはっきりしたモノを頂けるのが、自分の夢です。
 わーい、相思相愛なんですね♡

おしまい。
  • 111
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。