メモログ

花子の太郎 生-幸-麗-R11

2980MF
2018/08/07 00:00


 私の体の内側が、幸自身から溢れ出たモノで満たしきれなくなってゆくにつれて、私は体の自由を取り戻していった。
 私の体が幸まみれだった時も、私の浸ってしまった悦楽の海は段々と浅くなってしまったから、僅かずつ自由になっていたけど。
 其れが同じ刺激を味わい続けたせいか、私が把握できない質や量の変化によるモノかは分からない。
 けど、私の体の内側を満たしたモノが減るにつれて、確実に悦楽の海は浅くなっていたから、この二つは大きな関係性があったのだろう。
 私は呼吸の自由を取り戻せたから、私が生きやすい状態になれたはずなのに、何故か呼吸がままならない時の方を、私がそうあり続けたい状態だと思ってしまった。
 呼吸できない苦しみが、最高のスパイスとも思えてしまう状況に身を起き続けていたせいだろうか。
 幸自身から溢れ出るモノが殆ど出なくなった時、私の体の外側にあるモノを掻き集めれば、ほんの一瞬ぐらいは私のありたい状態に出来たけど、すぐに終焉を迎えてしまいそうな其れは、なんの価値もないと感じた。
 だから私は、幸自身から口を離して、私が悦楽に浸る前にとても価値を感じていた幸の表情を見ようとした。
 そして、私が幸自身から口を離した瞬間、幸は私の目にしたいモノを私に見せながら、接吻によって私の口を塞いでしまった。
 まるで幸は、私の心を読んでいるかのように最高のタイミングで、私が望んだモノを提示しながら、幸の望んだ行為を私にしてくれた。
 私の顔を持ち上げて、幸の顔の目の前に移動させ、私の唇に口づけたのだ。
 この行為だけで、私は幸と私の相性によさを確信できた。
 でも幸は、その次の瞬間にそれ以上のモノを私に示した。
 一度私の口内を満たしていたモノを幸の口に吸い上げたと思ったら、其れを私の口内に戻したのだ。
 なんの準備も出来ていなかった私は、私の口内が満たさせ始めた時、不意に呼吸の自由を奪われた事でそれらを吐き出しそうになった。
 すると幸は、瞬時に私の異変に気付き、幸の口内に吸い戻した。
 この時の私は、呼吸の自由のない苦しみだけを味わってしまい、快感を感じられなかった。
 なのに、気づき得ないと思ってしまう私の変化に気付いた幸が、私への愛情を示したように思えちゃったから、私は幸せな気分になってしまった。
 幸は幸のしたい事をしてしまうけど、私の事を一番に考えて行動していると思えたから。
 其れに幸と私の望む行為は、同じ様なモノだとも思えちゃったから。
 幸福感に包まれながら私と幸は、お互いの口内にあったモノを移動させて味わいながら、二人の初めての接吻を味わった。
 お互いの体の反応に気遣いながら、お互いにとって最高のタイミングを何度も摸索して、私と幸を一つにしていく。

本文は以上。
 多分、結構重複有りで続く。
 スマホ創作の為、長文化が厳しい。
 +体調も悪いから…。
 毎年この時期、鼻と喉が痛くて、風邪気味になるけど、風邪orアレルギーor熱中症のどれなんだろう。水をがぶ飲みすれば、多少良くなる。

pixiv
 放置。
 怪しいお話と料理?どっちがいいのだろう。其れとも二次創作に戻るべきか。

電波なお話
 生きているだけで、褒め?
『〔放課後は淫魔 表紙〕 強い優しさを感じさせられる表情で見つめられてしまうから、ふがいない自分を奮い立たせて、満足させたくなっちゃいます。 多分、続きをしないとしても何も言わずに其れを受け入れて、元気づけてくれる気もしますが、男の子なら枯れるまで…。 でも結局、満足させられそうもないから、自分が慰められて終わっちゃうのかな。 汁まみれでエッチなはずなのに、穏やかと思えてしまう二人の関係性と、見守られているような感覚を夢想してしまいます。 多分、中身がエロエロすぎるせいで、表紙は綺麗だとも思っちゃうのかな。』

悪しからず。

超超超電波なお話
 昨日のお言葉のあとだったら、空きが出来てもある程度平気。
 だって、日常化してしまっているかのようなモノだから。
(多分、冗談を含みます。)
 急激な変化のあとの空きは、色々と不安になっちゃいます。
 とっても欲しかったお言葉のあとだったし。
 其れに自分の望ましい展開は、その逆の予兆とも思えちゃうので。(創作物の見すぎかな)
 体調崩しがちの自分が言うべき事じゃないと思いますが、気温の変化が激しそうなのでご自愛下さい。
 何事も一番大事な御身があってこそ。
 貴方のお体以上に大事なモノなんて、あるはずない。
 大好きな貴方の生きやすい世界になっていけばいいのに♡

おしまい。
  • 76
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!


スポンサーリンク
PR
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。