メモログ

花子の太郎 生-幸-麗-10

2980MF
2018/07/22 00:00


 俺達まみれになってしまった麗を目の前にして俺は、脱がす順番を考え始めた。
 けれど、この問いには正解が存在しない気がした。
 でも、其れと向き合ったという事実が、俺を救ってくれる気もした。
 だから俺は、俺が普段では目に出来ない部分を、出来るだけ目にしない順番を考えて、其れ通りに行動する事と決めた。
 多分、そうするのが一番いいはずなんだ。
 まず俺は、麗の靴と靴下を脱がした。
 この状態で脱がすしかなかったから。
 麗は麗の意思によって、ノーパンになっている。
 しかも、液まみれになっているおかげで、麗が下半身に身に着けているスカートは、麗の体のラインを露わにしてしまい、まるで俺を煽情する為の道具のようにもなっている。
 けど、そのスカートをとってしまうと、麗の下半身が完全に露わとなてしまう。
 俺は露わな麗を凝視したい気持ちで、一杯になりそうだった。
 でも、其れをしてしまった方が後悔しそうだったから、一番始めに靴と靴下を脱がし始めた。
 なのに其の行為は、俺が拒否した行為を俺に強く意識させた。
 靴と靴下を脱がす為には、俺が麗の脚に触れ、麗の体を動かしながらするしかないと思ったせいで。
 其れと俺は、麗の体をあまり目にせず、体にもあまり触れないようにしたかったから、より強く麗の体を意識してしまう状態にもなっていた。
 もし俺が、麗の全てを確認してから脱がし始めていたら、ここまで強く意識しなかったかもしれない。
 けど俺は、そうしなかったから、まるでセルフ拷問をしているかのようになってしまった。
 俺と麗の為に、俺は麗の体をあまり意識しすぎないように、意識しながら麗を全裸にしてゆく。
 普通ならおかしいとしか思えない行為に対して、俺はその矛盾を認識しながらも懸命に立ち向かった。
 そのせいで俺は、俺をより苦しめながら、より長い時間それと向き合ってしまった気がする。
 靴と靴下を脱がす為の最小限の行動を、俺が凝視したい麗の体をあまり目にしないようにしながらしたい。
 なのに、俺が目にしないと決めたはずの場所を意識しないと、その場所を目にしないようには出来ない。
 どうしてもそうなってしまうから結局俺は、俺が意識した場所をギリギリで目にしないような行動となってしまった。
 というか、必然的にそのようにしかならなかったはずだ。

本文は以上。
 幸が苦悩したまま、ちょい短め続く。
 多分、暑さのせいで自分の脳が混乱気味。その為、迷走気味?(元々かな)
 次編こそ、ちょいエロに戻したい。 

pixiv
 武見妙の…。〔悪戯〕投稿。
 主人公が初めて武見妙の目の前で…しちゃったお話。
 主人公目線の方が面白そうだから、多分、そっちも書く。
 けど次は、トイレの花子かなぁ。

電波なお話
 生きているだけで、褒め?
『〔pixiv 大河〕 このイラストの存在を知った時、魅入りたかったけど、今まで我慢。(まぁ、殆どのイラストはそうなっているけど。) やっと色々解禁できる。 この表現も大好き。 格好いいし、わびさびも感じるし。 エロさを感じさせつつ、何気ない日常性の方を強く主張していると感じてしまう。 こんなお姿を見せて頂ける関係性になりたいな。 一度でもこれを目にしちゃったら、虜になっちゃいそう。 これスタートで、色んな表情を引き出したいなぁ。 其れにこれを見せてもらえる関係性なら、きっと…。 嗚呼、幸せになれるんだろうなぁ。』
P.S. 被り防止の為、pixivの方にもコメントしています。

悪しからず。

妄想…
 イラスト
 大事な部分は見えないけど、ノーパン確定で、液が内腿から素足の足先に伝わっているのを、舐めさせようとしているモノ。(全部暑さのせいだ)

超超超電波なお話
 嗚呼、もう…。
 やっぱりすっごい威力だ。
 大暴走しないよう気をつけねば。
 自制、自制と。
 でも、嬉しさを噛み締めつつ、悔いの残らないように行動しちゃおう。
(多分、冗談を含みます。)
 幾度も、貴方に自分の心を、鷲掴みにされちゃっているから、自分もそれ以上に貴方の心を。
 出来る事なら、ま・い・に・ち♡
 そして、いつかきっと…(#^.^#)

おしまい。
  • 110
  • 0

この投稿に最初のコメントをしましょう!

2980MFさんのおすすめメモログ!

十数年引き籠もったあとで現在社会復帰活動中の無職のおじさんです
Twitterのロゴマーク

スポンサーリンク
PR

広告募集中!!

広告スペースをMONAで販売中です。
この投稿に最初のコメントをしましょう!

モナゲして応援しよう!

Loginすることで、モナゲが可能になります。