メモログ

花子の太郎 生-聖-11


 私から咲を遠ざける為、私が咲にきつめの対応をしてから数日間、何故か咲は私にあまり近づかなくなってしまった。
 私が咲との関係性構築を最優先事項としたのに、咲は私と目があうだけで顔を真っ赤にした上、私から逃げ出すようになっていた。
 まるで、咲が私に恋をしてしまったから、私と向き合えなくなってしまったかのように。
 咲は私を強く意識しながら、私に近づけずに日々を送っている。
 私は、私が咲を遠ざける為の行動をしている時に、咲の態度を観察した事で強い興味を抱きながら、咲なら私のしたいようにしてもいい存在だと思ってしまった。
 そういう態度を咲が、取り続けていたように思えたから。
 私は咲がそういう私を好むという仮説を立てて、其れをもとに行動するつもりだったけど、咲の態度が其れを仮説ではなく事実だと、主張してるように感じてしまった。
 だから私は、変化してしまった咲の態度に困惑しながら、私がどうしたいかを考える必要があった。
 そういう意味では、咲の変化による時間的猶予が発生した事は、私にとっていい事のように思えたが、私の中に歯痒さを抱かせ続けた。
 すぐに解消したい気もするけれど、もう少しゆっくりと、この感覚を味わいたくなってしまう不思議なモノを。
 私は私が初めて感じ始めてしまった色々な事に戸惑いながら、状況の整理を始めた。
 多分、咲は私に強い好意を抱いている。私を直視できないほどの。
 この前の出来事によって、咲がそういう状態になってしまったはずだから、一方的に私のしたいように咲を扱えば、きっと、うまくいくはずだ。
 その上、私が高圧的に咲へ接していると、私はとてもいい気分になれたと感じられたから、其れを突き詰めてみたい。
 何故かは分からないけど、咲が私に見せた表情が、私を昂ぶらせてしまったから。
 あの屈したそうにしながら、僅かの理性を持って堪え続けているような表情が。
 其れに、もっと私に問い詰めて欲しそうと思えてしまうおねだりのような表情が。
 私の中にある何かに、強く訴えかけた。
 私が強い意志を持って抑え込んでいないと、すぐ溢れ出ちゃうくらいに。
 初めて感じてしまったモノだったし、私は常に心の壁を意識していたから、この前は其れを抑え込めていた。
 だけど、その後で思考した結果、試さなければ私が後悔するモノと思えたから、私は咲に気遣う事なく試そうと決意した。
 其れなのに、咲がこんな風になっちゃったから、別の意味で咲に気遣わなくっちゃならなくなった。
 どうせなら、私と咲にとって最高の思い出になるように、行動してみたくなっちゃったから。
 どうしても私がしたいからする行為なんだけど、何があっても後悔しにくいように、行動したかった。
 もしかしたら、咲は私の人生にとって、とても大事な存在となる気がしたから。
 だって、咲が私にもたらしたモノは、とっても大事なモノの上、咲だから私が得られたと思えちゃったから。
 丁度、咲は私の存在を求めてるように思えるから、咲を必要と思えている私もそうなれれば、最高な関係性になれるはず。

本文は以上。
 聖が吹っ切れて、続く。
 あと少しかな。

pixiv
 トイレの花子さん〔序〕投稿。
 迷走気味。不安定な存在の心情描写を。
 続きは未定。

電波なお話
 生きているだけで、褒め?
『〔百合アンソロジー dolce eb〕(これの感想も、ここで書いちゃってる。) 唯一入手できているトイレの花子さん掲載本
。しかもアカナメさんも…。 人のような存在の駄目っぷりを披露しちゃうし、其れを優しく受け止めちゃうから堪らない。 サバサバ系花子さんの嫉妬は可愛いし。 汁ダク表現も…。 そりゃあ、あの味覚えちゃったら他にはいけませんよね。直ナメが一番。 エロいんだけど、微笑ましくって温かいってどういう事? 感情を揺さぶられすぎて困っちゃう。』
 嗚呼、あとは未入手本でサイトでチラ見と、イラストの感想に移行するしかない。
 未入手本の存在を知っているけど、出逢えないから。
 歯痒いけれど、全部入手してしまったら…。ジレンマだな。

悪しからず。
おしまい。
  • 公開日時:2018/07/09 00:00
  • 24 view
  • +0 MONA

スポンサーリンク

コメント


※ログインすることで、投げMONAも送信可能になります。 → Login

コメントはまだありません