メモログ
Recommended投稿作品
・壁たちも楊端和の作戦が読まれたことに気づく・山の民たちは壁軍が負けてるところしか見てないから、耐えられないと思うのは無理もないか&...
netass
この日は、珍しく、咲に、聖と僕の会話を邪魔されず、放課後を迎えられた。僕は、花子さんと自由に過ごせる時間に思いをはせながら、一歩一歩...
2980MF
翌日の昼休み、僕は、椿の要望通りの行動をとる事にした。咲の昼休みの行動が、予測しやすかったから。昼休みになると、咲は何時も図書室を訪...
2980MF
「私と聖の距離が縮まったきっかけは、咲なの。」「ドーいう事?」「私が、聖に相手にされないで、打ちひしがれてる咲をみている事に気付いた...
2980MF
聖に無視される事で、打ちひしがれる咲の姿を、嬉しそうに見ている生徒がいる。柿水椿(かきみず つばき)という名前の女子生徒で、小学校五...
2980MF
「周りの迷惑になるから、もっと近づいて、小声で話さない。」「ウン。ソーしよう。」多分、聖も、咲がこっちを気にしているのに気付いたよう...
2980MF
「やっと、二人っきりになれたね花子さん♪」「アタシに聞きたい事はない?」「ナンの事?」「ソーいうヤツだった。」「…?」...
2980MF
「聖は、咲との関わりを持ち続けたいと思っているから、二人の仲が、ゆっくりと進展するようにして欲しいの。」「まぁ、二日に一回くらい、わ...
2980MF
花子さんの手を、何度も、繰り返し、僕の口に頬張りながら、色々な部分に舌を当て続けていると、場所によって、味に差がある事が、理解できた...
2980MF
「名探偵はいない」「山陰道四谷怪談」の続編です(これでひとまず完結)。→最初のお話「名探偵はいない」→次のお話...
simadatuki
「聖も、花子と太郎の関係を目指してくれれば…。」「ナニを目指しているの?」「多分、私と人に近いと思うわ。」「近づきすぎ...
2980MF
僕が、花子さんの肘の内側を味わっていると、ある匂いが漂ってきた。匂いのする方に視線を向けると、其所は花子さんの腋だった。初めて、僕が...
2980MF
 ざざざざ、とテレビの画面が激しく乱れた。 砂嵐が晴れた後に映る夜の森。映像の乱れはまだ途絶えず、不規則に揺れる視点が真っすぐな土の...
keyko191
久しぶりの書き出しが コレ! (爆)朝から予定が ぎ~~~っしり!  … の ハズ だった。ところが!想定したくないケ...
mikiyo