メモログ
Recommended投稿作品 > タグ「小説」 R-18を見る
「太助、こっちへおいで。」そう言うと、姉は、僕の手を取って、姉の膝の上に、僕を座らせた。大学進学の為、姉が家を出る前までは、よく触れ...
2980MF
去年、姉が、就職時の為、実家に戻って少し時間が経った頃、僕の体や、僕と姉との関係を変えてしまう出来事が、起きてしまった。其れまでは、...
2980MF
僕が、花子さんと出会うきっかけをつくってくれた人がいる。其れは、僕の歳の離れた姉だ。僕の姉が、僕を家に、居にくくしてくれたから、僕は...
2980MF
「名探偵はいない」「山陰道四谷怪談」の続編です(これでひとまず完結)。→最初のお話「名探偵はいない」→次のお話「...
simadatuki
「ソレじゃあ、花子さん。僕と誓い合って。」「僕は、死ぬまで、花子さんのモノになります。」「そして、出来る事なら、僕が死んだとしても、...
2980MF
「僕は、花子さんと誓い合いたいんだ。」「ナンの?」「花子さんと僕の関係の。」「僕は、死ねなかった瞬間から、花子さんがいてくれるおかげ...
2980MF
「ナンで、泣いてるのさ?」「分からない。」「ソー。なら、ショーがないね。」「ウン♪」花子さんは、瞳に力を戻すと、まず、僕の心配をして...
2980MF
10-1 
  ◆◇◆「こんな場所に教会があるなんてね~」 重い扉を開けて中に入るとそこは薄汚れた背凭れのついた長椅子が左右に分けられ綺麗に配置...
mitsumaru_novel
花子さんの顔を眺めていると、とても長い時間を、二人だけで、過ごしているように思えた。花子さんに会うまでの僕は、こんな風に、誰かと過ご...
2980MF
僕の手が、花子さんの顎に触れると、花子さんの顎に、液体が垂れている事に気付けた。僕は、あまりにも魅力的な、花子さんの表情に夢中になっ...
2980MF
僕と花子さんから生じた、大量の体液が、混じり合う事で、とても表し難い香りに、僕達は包まれていた。その香りは、明らかに、僕の性欲を、と...
2980MF
無我夢中で、花子さんの腕の内側を味わい続けていると、いつの間にか、僕は、僕の鼻を、花子さんの腋に埋め込んでいた。僕は、花子さんの香り...
2980MF
僕が、花子さんの肘の内側を味わっていると、ある匂いが漂ってきた。匂いのする方に視線を向けると、其所は花子さんの腋だった。初めて、僕が...
2980MF
花子さんの手を、何度も、繰り返し、僕の口に頬張りながら、色々な部分に舌を当て続けていると、場所によって、味に差がある事が、理解できた...
2980MF
 ざざざざ、とテレビの画面が激しく乱れた。 砂嵐が晴れた後に映る夜の森。映像の乱れはまだ途絶えず、不規則に揺れる視点が真っすぐな土の...
keyko191
「可愛いから、少しサービスしてやる。」そう言いながら、僕の一番敏感になっている場所に、花子さんは、顔と手を近づけようとした。でも、僕...
2980MF
聖と咲が、休み時間に会話した以外は、何時もと変わらない日常を過ごして、放課後を迎えられた。僕は、花子さんと二人で、時を過ごす妄想をし...
2980MF
「名探偵はいない」「山陰道四谷怪談」の続編です(これでひとまず完結)。→最初のお話「名探偵はいない」→次のお話...
simadatuki
「周りの迷惑になるから、もっと近づいて、小声で話さない。」「ウン。ソーしよう。」多分、聖も、咲がこっちを気にしているのに気付いたよう...
2980MF
翌日の昼休み、僕は、椿の要望通りの行動をとる事にした。咲の昼休みの行動が、予測しやすかったから。昼休みになると、咲は何時も図書室を訪...
2980MF
「やっと、二人っきりになれたね花子さん♪」「アタシに聞きたい事はない?」「ナンの事?」「ソーいうヤツだった。」「…?」...
2980MF
「聖は、咲との関わりを持ち続けたいと思っているから、二人の仲が、ゆっくりと進展するようにして欲しいの。」「まぁ、二日に一回くらい、わ...
2980MF
「聖も、花子と太郎の関係を目指してくれれば…。」「ナニを目指しているの?」「多分、私と人に近いと思うわ。」「近づきすぎ...
2980MF
「私と聖の距離が縮まったきっかけは、咲なの。」「ドーいう事?」「私が、聖に相手にされないで、打ちひしがれてる咲をみている事に気付いた...
2980MF