メモログ
Recommended投稿作品 > タグ「小説」 R-18を見る
「栗林君は、私の成績が気になっているようだけど、私は、勉強にあまり興味はないの。」「どういう事?」「そのまま。」「だって、僕への答え...
2980MF
 僕は、純粋に、聖の事を知りたかったけど、僕より成績がいい人の事を、探っているようにしか、行動できなかった。 もし、僕が、聖を探り始...
2980MF
 フクロウさんは優しい人だ。フクロウさんは全部知っていて、何も知らないふりをしてくれる。だがその優しさがどれほど残酷なものなのか、彼...
simadatuki
 聖は、短期間で過ごし易い環境を、構築していた。 僕が、聖の事を気になる前に。 世の中は、僕の都合の悪いようにしか、出来ていないよう...
2980MF
 僕は、学力試験の結果を知ってから、聖の事を、強く意識するようになった。 其れまでは、僕と似ているけど、僕と逆のような生き方をしてい...
2980MF
 中学校に進学すると、村外からの入学者が、数名いた。 僕の通っている小中一貫教育の学校は、生徒数確保の為、村外からの転入者がいたから...
2980MF
 僕は、幼い頃から、体も小さくて、力が弱かった。 其れに、周囲へ溶け込む事が出来ず、多くの時間を一人で過ごした。 だから、他にやる事...
2980MF
ただし記憶が曖昧なので、出来れば適当な気持ちで読んでくれ。1.転生したらスライムだった件 作者名:伏瀬おすすめ度 ★★★★☆これはな...
2namona
 俺は、チビ助の体に密着し続けたけど、俺の体が、チビ助に反応する事は、なかった。 元々、チビ助を、性の対象にした事もなかったし、嫌が...
2980MF
 週末の朝、放課後に旧校舎で、チビ助と会う約束をした。 チビ助は、理由も聞かず、俺の誘いを受けた。 多分、いつものような誘いだと、思...
2980MF
「其れじゃあ、幸は、私の考えを分かってくれるのね。」「分かるよ。」「けど、あくまで、俺が、やってもいいと思う事を、するだけになる。」...
2980MF
「私と幸の為でもあるけど、チビ助と朗姉の為にも、幸には、チビ助との行為を試して欲しいの。」「そんな事、言ったって。」「難しい事って、...
2980MF
「今の私の事はいいから、話を続けるわ。」「ちょっと残念だ。」「もう。」「其れでね。言い難かったけど、この状態なら、少し言いやすいから...
2980MF
「朗姉と話して、私の恋を、判定する基準が、出来たの。」「その基準は、とっても、おかしなモノだし、其れの元となった私の経験を、幸が知っ...
2980MF
「彼女にあまり多くを要求しない方がいいんじゃないかな」と僕は思い切って言ってみた。「過去を再現することなんてできないんだから」「過去...
tahini
「私は、朗姉と話したから、私の中に、ある思いが宿ったの。」「其れは、後悔しないように生きないと、私や私を大切に想ってくれる人を、不必...
2980MF
「それでね、少しいやになっちゃったのよ。私。小中学はそこそこ悪さをしながらも元気に登校し、そこそこいいレベルの高校に入って、そこそこ...
simadatuki
 俺が、身を焦がしながら、日々を過ごす内に、俺の思考は、おかしくなってしまった。 抑え続けていた想いを、一度解放したのに、また其れを...
2980MF
 俺の想いを、麗に伝えられたから、踏ん切りがついたし、俺はスッキリしたはずだった。 けど、以前より、俺は落ち着かない状態に、なってし...
2980MF
天気が良い。土手に上がり、鉄橋を渡った。そのあとは、ずっと真っ直ぐで、スクータのエンジンがこれ以上回転を上げられないのが痛ましかった...
tahini
「でも、麗の体が、女性的になっていったから、俺は麗の事を、男友達扱い出来なくなっちゃったんだ。」「俺は、麗に嫌われたくないし、一緒に...
2980MF
 中学校に進学して、間もなく、俺は、麗に告白をした。 もう、麗に対する想いを、身の内だけに、留められなくなって、しまったから。 幼馴...
2980MF
 小学校最期の学年になるまで、幼馴染み三人は、異なる性別の集まりである事を、認識していたけど、男女の別なく行動を、共にしていた。 け...
2980MF
 俺には、ずっと好きな人がいる。 其れは、幼馴染みの麗だ。 でも、俺が、麗を女性として好きだと自覚した時には、其れをすぐに伝えられな...
2980MF