メモログ
Recommended投稿作品 > タグ「小説」 R-18を見る
生徒Sの感情表現の一つに、人が嫌がる事柄があった。其れは、生徒Sが照れた場合、彼が其れを隠す為に、近くにいる人を叩いてしまう癖である...
2980MF
携帯を見るけど着信はないタメ息をつきたくなるこうやって待っているのは退屈の極みだもう何回も着信を確認しているまたしばらくインターバル...
tahini
自分と交友を持つ事になった初期の頃、生徒Sは、自分が理解し難い行為を、自分にした。けれど、その行為のおかげで、自分の知らなかった中学...
2980MF
生徒Sが、自分とよく遊ぶようになったのには、理由がある。其れは、生徒Sが、学年を取り纏める集団から、一時期ハブられたからだ。生徒Sに...
2980MF
◆ プロローグ 2011年12月15日、その市は、記録的な豪雨に見舞われた。 夜になると雨は猛烈な強さとなり、やがて大雨警報が発令...
ju1y_white
橋の上から下を眺めている欄干にまたがって川の流れを見下ろしている10メートル位だろうか高いのか低いのか判断がつかない下から見たら大し...
tahini
自分は、生徒Kとは、生徒Sとよく遊ぶようになった事で、交友を持つ事になる。生徒Sとは、中学校入学時に衆人環視の中、自分と廊下で殴り合...
2980MF
自分は、生徒Kと小学校高学年時に、初めて出会った。その時は、柔道の習い事をしていた同級生の中で、一番喧嘩が強いとされていた、人間の太...
2980MF
転生 
 自分はネット小説を読みふけっていた。「トラックに轢かれて死ぬ主人公が多すぎる。しかもそのあと転生する奴どれだけいるんだ」 トラック...
tatatata
出会うことは衝撃宇宙にいるとそう怖いものなんて無くなる、恐るるに足らず空港で踵をカタカタと鳴らすこんな所にいるわけはない、RPGと一...
tahini
「ただいまー」 ふてくされた顔で夏樹が言う。黒木も漂流生活から帰還したかのような疲れきった顔をしていた。そして聞いてもいないのに訳を...
simadatuki
生徒Yが登校拒否になった事で、過去の自己行為と向き合わなければ、ならなくなった男子生徒が一人いた。生徒Yは、部活動の顧問教職員Nに、...
2980MF
 けだるい午後が過ぎ、放課後が訪れる。といっても、すぐに部室へ行けるわけではない。今日の八神は掃除当番なのだ。クラスメイトが箒を構え...
simadatuki
そして、生徒Yは長い期間、家族以外と接する事が出来ない生活を送った。その状態になって間もない頃には、生徒Yの家を訪れた生徒や教職員が...
2980MF
白い雲がフランスパンみたいにモクモクと長く伸びているその上には青い空が整然と並んでいる滑走路を飛び立ったばかりの飛行機のクウーという...
tahini
自分と二年ぶりに会話する事になった生徒Yは、少し気まずそうに、自分に対して、彼の過去と未来の話をしてくれた。ある時期までは、自分を陰...
2980MF
自分の中学校の同級生で、不登校になり、隣町の中学校に転校した人間が、一人いる。其れは、生徒Yだ。中学校二学年時になり、部活動参加の融...
2980MF
丘を登ると遠くの方にようやく家が見えてくるしばらく立ち止まって息を整える辺りを見回すと素晴らしい景色で息を呑むまるでサウンドオブミュ...
tahini
自分が中学校に入学から、約一ヶ月の期間だけ、仲良くしていた級友の男子生徒Yがいた。その生徒Yは、同級生の中でも、かなり背丈が低い部類...
2980MF
  ◇◆◇「ボス、虹彩点が出てるよ」 街の一角をドーム状に包んだ紅の霧を前にゲズゥは屈みこむと機械の赤い瞳をフードの奥で輝かす。 赤...
mitsumaru_novel
自分の中学校三学年時の学級担当教職員Dは、二学年時の教職員Nと比べると、真摯な態度で生徒と対峙し、その責任を全うしていたように思えた...
2980MF
冬の寒さが身にしみるそんな情緒的な感じじゃない空気が刺すように冷たい吐く息はすぐに白くなってポケットに手を入れると肩が怒って見える自...
tahini
シュポッと音がするワインのコルクが抜かれて宙に掲げて見上げている僕はそれを口をあんぐりと開けて眺めていたこんなにキレイに効率よくコル...
tahini
自分の中学校三学年時の学級担当教職員Dは、自分の受け持っている学級の男子生徒に対して、女子校から共学へと移行する初年度にあたる高校の...
2980MF