メモログ
Recommended投稿作品 > タグ「人格形成の経緯」 R-18を見る
 自分は、女性Lへの手紙を投函した事で、自分の中にあり続けていた、彼女への想いを封じる事が出来た。 そして、この出来事以降、自分と女...
2980MF
 成人式を途中で逃げ出し、其れ以前の日常に戻ろうとしても、自分は、その日常に戻れなかった。 自分の脳裏から、女性Lの姿が消えなかった...
2980MF
 より深い深呼吸をし、自分の心を落ち着かせて、もう一度、自分の隣を確認すると、女性Lが、自分の隣にいた。その会場に存在した、多くの同...
2980MF
 成人式当日、実家で、外を見た自分は、絶望感を味わった。 辺り一面が、雪化粧をしていたから。 TVニュースを見ても、その日の天候の異...
2980MF
 自分の学生生活の最期の冬が近づくと、自分が不在の実家に、ある連絡が届いていた。其の連絡とは、成人式実行委員会への就任要請であった。...
2980MF
 一般的な高校三学年時の夏休みになると、地元でよく遊んでいた友人の一人から、ある頼み事をされた。 その内容とは、自分を含めた男女4人...
2980MF
 バスで、女性Lを目にした次の日、自分は、彼女から、自分宛に届いていた手紙を、橋の真ん中に位置する場所で、川に向けて破り捨て、彼女へ...
2980MF
 ある事をきっかけに、自分が、通学しなければ、ならなくなった時、偶然、女性Lの姿を目にする事が出来た。 でも、自分が、約一ヶ月ぶりに...
2980MF
 自分が、学生寮での、寮内オリエンテーリングなるモノの為、三週間の時をおいて、実家に戻ると、女性Lから自分宛の手紙が届いていた。 実...
2980MF
自分は、自分の想いを女性Lに伝える事で、其の関係性に区切りをつける事にした。 自分と女性Lの進学先が、異なっていた為、もう、自分が彼...
2980MF
 自分が、学生寮に入寮する前々日に、中学校卒業後も、自分とよく遊ぶ事となった友人の二人が、自分の送別会を催してくれた。 自分が、地元...
2980MF
 中学校生活が、終わりを迎えようとしていた時期に、学年委員会の仕事として、重要なモノがあった。 其れは、卒業アルバムの編集作業である...
2980MF
 中学校三学年時の三学期になると、中学校卒業後の進路目標が定まってゆくのと共に、自分と放課後を共に過ごす友人の数は減っていった。 た...
2980MF
 中学校三学年時の夏休みが終わり、二学期を迎えると、中学校卒業後の進路に向けた活動が、本格的になっていった。 二学期中は、皆、摸索し...
2980MF
 中学三学年時の夏休みは、余り意味の分からない事をした記憶がある。 それは、自主的な軽音活動だった。 この年の中学校の文化祭では、生...
2980MF
 女性Lの所属していた吹奏楽部は、恒例行事として、毎年夏休みの夜に催されていた、演奏会をもって、三年生が部活動を引退をする事になって...
2980MF
 修学旅行によって、自分の女性Lへの感情が、より特別なモノだと考えるようになった。自分が、彼女より、女性的であり、そして魅力的と思え...
2980MF
 多分、この出来事を経てから、修学旅行となったような気がする。 自分は、修学旅行先であった京都へ向かう際に利用した新幹線の車中で、不...
2980MF
 結局、少女Eからの相談事は、何も結実する事なく、終わりを迎えた。 これに関わった人達には、何らかの影響を及ぼしたが、自分の抱いてい...
2980MF
 少女Eは、女性Lと少女Zが、同一の男子生徒Wに対して、想いを募らせているから、自分に其のどちらかの想いが、結実するように手伝って欲...
2980MF
 其れが何時だったのか、はっきりとした時期は覚えていないけれど、夏休み前に、自分が女性Lと間接的に関わる出来事が起きた。 其の出来事...
2980MF
 結局、中学校二学年時に、自分と女性Lが、会話する事はなかった。 けれど、中学校三学年時の学年委員会の初回会合で、自分と女性Lは、事...
2980MF
 自分が、女性Lとの関係性をどうしようかと考えながら、生活していると、女性Lは、自分に直接接触したがっているように思える行動をとって...
2980MF
 自分は、すぐに手紙を読みたくなったけれど、授業が始まってしまったから、それをする事が出来なくなってしまった。 隠れ読む事は可能であ...
2980MF