かそつ~速報!

モナコイン価格、1年で500倍になる



 



上の画像をよくご覧になって頂きたい、2.8という数字が刻まれているのがお分かりになるだろうか。



そう、ニートのおはじき(別名MONACOIN)は1月1日、その日2.8円で取引されていた



しかし本日12月5日火曜日。













モナコイン1枚1000円で取引されてしまったのである。



 









 


ちょっと待ってそれ正月に2.8円で売ってましたよ!







つまり価格が1年で約400倍上昇してしまったのだが、なぜそんなことが起きてしまったのだろうか。



今回はその原因を徹底的に究明していきたい。









①市場が大きくなりすぎた説。



 
 




 


予想できていた人はかなり少数だと思われる





年始めに180億ドルだった暗号通貨全体の時価総額は現時点で3500億ドル約20倍にまで膨れ上がっている。



暗号通貨代表のビットコインも958ドルから11500ドルと、約12倍に価格が高騰。



市場の超成長、そしてビットコイン価格の高騰とモナコインを絡めて、出現自体がかなりレアになったモナコイン勢投資家のごーるどもにゃーさっくす氏はこう発言している。













市場規模の拡大により、モナコインのターゲットプライスを上方修正したもにゃー氏。



だが新規の市場参加者等はそこまで難しいことは考えていないと思われるので、



1枚130万円するビットコインよりも1枚1000円でいっぱい買えるモナコイン♪」



という様な安易な考えおはじきを大量に購入している可能性が非常に高い



 


 


コインなら全部一緒だと思われている可能性が否定できない。


 





参考までに主要なアルトコインの価格推移を見てみよう。



 

Ethereum・・ワールドコンピューターとも言われ、ブロックチェーンで契約を実行するスマートコントラクトの先掛け、今も完成に向け開発が続けられている、



 



開発者のvitalik氏は世界に影響を与えた50人に選出された程の革命的通貨。             



 


6.5ドル → 470ドル 72倍



 


 


 


Ripple・・銀行間送金がよく話題になるが、その目的はありとあらゆる価値と価値の交換プール価値のインターネット実現にある。



 


0.007ドル → 0.25ドル 35倍



 


 



 



Litecoin・・ビットコインがならライトコインはという思想のもと、採掘、流通がしやすい様に作られた世界最古のアルトコイン。segwit、atmicswap等、旧きコインでありながら常に先進的技術をテスト、実装し続けている



 


4.55ドル → 102ドル 22倍



 


 


 



MonaCoin・・運がよければ食料を買える。




 



0.025ドル → 9.51ドル 約400倍




 




モナコインの異常な暴騰がお分かり頂けただろうか。



 



②メディアが持ち上げすぎた説。



monapartyの開発者cryptcoin_junkey氏はこう語る。









つまり田中氏秋葉原ジャック



そしてITmediaの記事

自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎



が今回の高騰の下地になっているという。



 



この月間総合PV1億7000万超を誇る大手サイトに掲載された記事、いわゆる提灯記事であり、かなり好意的にまとめられていることから、



暗号通貨に触れたことのない層を洗脳してしまい、新しいホルダーを呼び込んでしまった可能性がある。





 


モナコイン価格上昇の一因か?





読者の想定される口座開設完了時期と今回の高騰開始が重なっていることがお分かり頂けるだろうか。





③燃やしすぎてしまった説



12月4日、MONAPARTYproof of burnが終了した。



 





詳しくはこの記事をご覧頂きたい。









モナコインをXMPに交換するこのイベントにより、時価3億円近いモナコイン永遠にこの世から姿を消した









時価400万円相当モナコインボンボン燃やし続けるモナコイン勢の本気の焼きに開発者も正気を失いかけてしまう事態に発展してしまう祭りになってしまったこのイベント。





これにより市場で流通するモナコインの数が減ったことで、価格の高騰に繋がった可能性がある。







④CIS砲が強力すぎた説。



株界の伝説CIS氏、すでに一億円分のモナコインを所有されているようだ。









ここ数日とにかく買い増し発言を繰り返していたCIS氏、



株界に絶大な影響力を持つ氏の発言により暗号通貨にまだ懐疑的な株クラスタの財布が思わず緩んでしまったというのは十分考えられる。







⑤コムサからきますた説

100億円の資金を集めた世界最大級のICOCOMSA



 





その配当トークンであるCMSの取引が12月4日始まった









その結果、ロックされていた100億円の資金が一部モナコインに流れ込んでしまったことが指摘されている様だ。







まとめ

他にも様々な要因が指摘される今回の高騰、もはや人が人を、買いが買いを呼び、全く収集がつかない状態になっている。





 


残念ながら執筆中に1280円を越え、500倍が目前に





おはじきでもなんでも取引所で売ってるものはとりあえず全部買うといった雰囲気の暗号通貨市場。



市場参加者の方々には今一度注文を出す前に、自分が今買おうとしてるコインがなんなのか考える時間を持っていただきたいと願わずにはいられない。



 
筆者 : @odaosaka

この記事に投げ銭する

tipmona

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連速報

スポンサーリンク